瀬谷区版 掲載号:2017年12月7日号
  • LINE
  • hatena

横浜市水辺愛護会表彰 区内3団体が選出 美化や啓発に努め20年

社会

表彰された区内団体の会員と市関係者ら。※前列左から3・4番目は戸塚区の団体
表彰された区内団体の会員と市関係者ら。※前列左から3・4番目は戸塚区の団体

 横浜市が11月24日、市内の河川で美化活動などに長年取り組んでいる「水辺愛護会」を対象とする表彰式を中区で行った。瀬谷区からは「和泉川東山の水辺愛護会」(沼倉文志会長)、「和泉川源流を楽しむ会」(清水靖枝会長)、「本郷せせらぎ愛護会」(間宮忠夫会長)の3団体が、20年の表彰を受けた。

 水辺愛護会は河川・水辺をきれいに保ち、愛護意識を育むため美化活動を行う有志団体。市が1997年度に始めた事業で、現在は92団体が地域の自然環境に合わせた独自の取り組みを展開している。瀬谷区内では10団体が名を連ねる。

和泉川東山の水辺

 活動場所は、和泉川沿いの東山橋から中橋。会員26人が清掃やパトロール、東山ふれあい樹林の紫陽花などを手入れする。川沿いのトイレの管理も担う。

 今泉衛副会長は表彰を受けて、「高齢化が進んでいるので、これからは若い人にも参加してもらえる団体を目指したい」と意気込んでいる。

和泉川源流を楽しむ会

 1981年に発足した「瀬谷の緑を育てる会」が前身で、現在の会員数は13人。和泉川の源流である瀬谷市民の森を活動拠点とし、定期観察会の結果を森の掲示板で紹介し、その魅力を発信し続けている。また、源流で絶滅しかけていた蛍の保護にも取り組む。

 「和泉川源流の素晴らしさを伝え続けていきたい」と清水会長はコメントした。

本郷せせらぎ

 本郷第2と第3自治会の住民24人が集まり、瀬谷中央公園と大門川せせらぎ緑道で活動する。定期的な除草・清掃に加え、緑道沿いの紫陽花やサツキを手入れしており、会員らは書籍やビデオで栽培方法の研究に励んでいるという。

 間宮会長は「紫陽花やサツキを見て喜ぶ人の姿が、何よりの喜びです。これからも続けていきたい」と抱負を話す。

瀬谷区版のローカルニュース最新6件

未就園児の安全確認 推進

横浜市

未就園児の安全確認 推進

4月18日号

打撃力で県制す

少年野球瀬谷リトル

打撃力で県制す

4月18日号

手作り鯉のぼり空へ

せやかっぱの会

手作り鯉のぼり空へ

4月18日号

「コトバ塾」開校

泉 区

「コトバ塾」開校

4月18日号

カラオケと踊り披露

西宝会

カラオケと踊り披露

4月18日号

モンチッチ300体が大集合

人形の家

モンチッチ300体が大集合

4月18日号

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

瀬谷区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 4月18日0:00更新

  • 4月4日0:00更新

  • 3月28日0:00更新

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年4月18日号

お問い合わせ

外部リンク