瀬谷区版 掲載号:2018年2月8日号 エリアトップへ

瀬谷第二小4年生児童 農業の「いろは」学ぶ 土づくりから農家に師事

教育

掲載号:2018年2月8日号

  • LINE
  • hatena
小松菜を販売する児童たち(同校提供)
小松菜を販売する児童たち(同校提供)

 瀬谷第二小学校(泉太郎校長)の4年生児童が、瀬谷区の農家による指導のもと小松菜を育て、2月1日に同校で販売を行った。土づくりから栽培や収穫、販売までを一貫して体験し、野菜づくりや農業への理解を深める狙い。

 小松菜栽培は「総合的な学習の時間」で同校4年3組が昨年10月から取り組んできた。昨年前期は夏野菜を栽培したが一部は収穫に失敗。この反省を活かし、専門家である地元農家から知識や技術を学び、野菜を育て上げようと小松菜の栽培が決まった。

 栽培にあたり、瀬谷区相沢で菜園「おくつファーム」を運営する農家の奥津亮司さんに協力を依頼。土づくりから指導を受けた。「小学生に野菜栽培を教えるのは初めてで(依頼は)驚いた」と奥津さん。休日も畑を訪れ、成長過程を観察するなど協力したという。

試行錯誤して販売へ

 農家の畑を見て学ぼうと、児童が奥津さんの畑を訪れたことも。同クラス担任の中城早貴教諭によると、「畑を見て、子どもたちの中でゴールが明確になったようだった」と話す。先月23日には1回目の収穫を行い、採れた小松菜を給食の味噌汁に入れて全校児童が味わった。さらに一人でも多くの人に買ってもらおうと、児童らは宣伝にも挑戦。スーパーマーケットの協力を得て、店頭で手作りのチラシを配布した。

 販売当日の朝には2度目の収穫を実施。大雪の影響で、葉が凍って白くなる「凍害」が発生し値段の設定に悩んだが、奥津さんのアドバイスで「250グラム100円」に決定。児童らは校内の正門近くに並び、積極的に声かけを行った。保護者や地域住民らが次々と購入し、完売すると、児童たちからは歓声が上がった。同クラスの梶本珠希さんは、「奥津さんのおかげで野菜づくりに興味が持てた」と嬉しそうに話した。

 奥津さんは「よくここまで出来たと思う」とねぎらい、協力した今村淳一さんも「子どもたちとの交流が楽しかった」と振り返った。中城教諭は「凍害などトラブルもあったが、農家の方の協力と子どもたちの頑張りで乗り切ることができた。主体的に取り組む良い機会になったのでは」と話した。

 売り上げ1万2600円の使い道は、形に残る物として活用するか、熊本地震の被災地へ寄付するなど、クラスで話し合って決めるとしている。

瀬谷区版のトップニュース最新6

瀬谷区は13区へ

衆院区割り案

瀬谷区は13区へ 政治

市をまたぐ状態に

6月30日号

3年ぶりに開催

七夕灯篭祭り

3年ぶりに開催 社会

時間短縮など感染防止も

6月30日号

10代堅調、20代で急落

選挙投票率

10代堅調、20代で急落 政治

市、若年層啓発に注力

6月23日号

3年ぶりに開催へ

瀬谷フェス

3年ぶりに開催へ 社会

ピクニックエリアを新設

6月23日号

環境アセスで説明会

国際園芸博覧会

環境アセスで説明会 社会

渋滞など懸念する声も

6月16日号

国交省から表彰

瀬谷駅南口第1地区再開発

国交省から表彰 社会

街づくりの功績で

6月16日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月10日0:00更新

  • 2月3日0:00更新

  • 1月20日0:00更新

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年6月30日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook