瀬谷区版 掲載号:2018年4月5日号
  • googleplus
  • LINE

瀬谷みはらし公園 少年サッカーの拠点へ 細谷戸ハイツ跡地で開園

スポーツ

少年サッカーの試合を開ける多目的広場※29日撮影
少年サッカーの試合を開ける多目的広場※29日撮影
 県営細谷戸ハイツの再整備跡地で工事が進められていた「瀬谷みはらし公園」が4月1日に開園した。多目的広場は少年サッカーの試合を行うことができ、区内児童のプレー環境の向上が期待される。8日(日)の完成記念式典に合わせ、瀬谷区サッカー協会主催の大会も開かれる。

8日に完成記念大会も

 瀬谷みはらし公園(瀬谷町4131の20)の面積は約1・4ヘクタール。遊具や健康器具を備えた広場、500mのジョギングコースがある。園名の由来となった築山「みはらしの丘」からは、快晴時に富士山を見られるという。

 多目的広場の広さは長さ80m、幅50m。日本サッカー協会が12歳以下のカテゴリーで推進する8人制の試合を開催できる。ゴールも備えており、周囲には防球ネットも設けられた。サッカー以外のスポーツやレクリエーションにも利用でき、管理運営委員会に申請すれば貸切も可能だという。

「子どもの上達に」

 同協会によると、区内では少年サッカー6チームが活動。小学校や、瀬谷区と隣接する神明台スポーツ施設(泉区新橋町)などで練習している。小学校は、野球やソフトボールチームなどが利用することもあり、練習時間が限られているという。

 区内にはサッカー場が無く、本郷公園に大人用のグラウンドを造る計画があったものの中止に。同協会では3年ほど前、行政に対して建設を要望していた。今回の多目的広場整備について、事務局長の正木英一さんは「子どもたちの上達につながると思います」と期待を寄せる。

 同園の完成記念式典は8日午前10時から開催。公園愛護会や地域住民、森秀毅瀬谷区長など関係者が出席し、テープカットや記念植樹が予定されている。サッカー大会は式典終了後に行う。

瀬谷区版のトップニュース最新6件

道路水銀灯をLED化

横浜市

道路水銀灯をLED化

6月21日号

結成8年で初アルバム

新会長に伊藤氏

瀬谷区商店街連合会

新会長に伊藤氏

6月14日号

消火にプール水活用へ

瀬谷消防署

消火にプール水活用へ

6月14日号

キャッチフレーズが決定

瀬谷区制50周年

キャッチフレーズが決定

6月7日号

“下剋上”で県頂点

少年硬式野球チーム瀬谷リトルリーグ

“下剋上”で県頂点

6月7日号

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

瀬谷区版の関連リンク

あっとほーむデスク

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年6月21日号

お問い合わせ

外部リンク