瀬谷区版 掲載号:2018年6月7日号
  • LINE
  • hatena

瀬谷区制50周年 キャッチフレーズが決定 廣木さん(瀬谷)の作品に

社会

区役所2階に設置されたカウントダウンボードの前で選出を喜ぶ廣木さん(右)と、網代委員長
区役所2階に設置されたカウントダウンボードの前で選出を喜ぶ廣木さん(右)と、網代委員長
 2019年の瀬谷区制50周年に向けて記念事業実行委員会(網代宗四郎実行委員長)が公募していたキャッチフレーズに、区内瀬谷在住の廣木理英さんの「思い出も 未来も共に この瀬谷で」が選ばれた。子育ての経験をもとに創作したという廣木さんは「多くの方に共感してもらえれば嬉しい」と期待を寄せる。

「思い出も 未来も共に この瀬谷で」

 キャッチフレーズは4月に募り、区内在住・在勤者から99作品が集まった。実行委員会の事務局で15作品に絞った後、網代委員長などで構成される幹事会の投票によって決定。6月3日に瀬谷公会堂で開かれた「瀬谷区からだまるごと健康フェア」のオープニングセレモニーで発表された。

 九州出身で2002年から瀬谷で暮らしている廣木さんは選出について、「50年という節目に、自分の言葉が選ばれて光栄です」と喜んだ。小学校6年になる子どもがおり、実家から遠く離れた地で子育てするなかで、ママ友やパパ友、保育園の職員など多くの区民に支えられてきたという。フレーズには、これらの人々に対する感謝の気持ちと、今後もつながり続けていきたいという想いを込めたと言い、「子どもも瀬谷で暮らしたいと話しています」と笑顔で話した。

 網代委員長は作品について「私達委員は多くの人に瀬谷に住み続けて欲しいと考えており、フレーズはその想いを的確に表現しています」と称えた。キャッチフレーズは、今後の50周年プレイベントなどで活用される。

桂きもの学院/きもの和五十鈴

1月12日(土)・13日(日)・15日(火)、「無料体験&説明会」

http://jtti.jp/katura/

<PR>

瀬谷区版のトップニュース最新6件

既存建物の解体始まる

瀬谷駅南口第1地区再開発

既存建物の解体始まる

1月10日号

1,439人が門出

瀬谷区の新成人

1,439人が門出

1月10日号

「開運みくじ」楽しんで

瀬谷図書館

「開運みくじ」楽しんで

1月1日号

「希望に満ちた横浜に」

中国旅行社と誘客タッグ

50周年に向け本格始動

瀬谷区18年回顧

50周年に向け本格始動

12月20日号

瀬谷区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 1月10日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • あっとほーむデスク

    12月20日0:00更新

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年1月10日号

お問い合わせ

外部リンク