瀬谷区版 掲載号:2018年6月28日号 エリアトップへ

ばねメーカー五光発條(株) クリップで文具大賞入賞 町工場独自ブランドに参画折り目つかない特殊構造

経済

掲載号:2018年6月28日号

  • LINE
  • hatena
笑顔を見せる村井代表(左)と開発担当の山本さん
笑顔を見せる村井代表(左)と開発担当の山本さん

 機能やデザインが優れた文房具を決める「第27回日本文具大賞2018」の優秀賞10製品がこのほど発表され、精密ばねを手がける五貫目町の五光発條(株)(村井秀敏代表取締役)が開発や製造に携わった「CLIP」が機能部門で受賞した。7月4日(水)に都内で行われる表彰式で、グランプリが決定する。

 受賞製品の「CLIP」は、金型設計などを手がける藤沢市の(株)モールドテックが中心となって立ち上げた文房具ブランド「Factionery(ファクショナリー)」から生まれたプロダクトの一つ。町工場の高い技術力を生かし、オリジナルのものづくりを展開する同ブランドには、五光発條を含む製造メーカー4社が参加。現在はクリップのほか、定規やペンスタンドなど、各社の得意分野を用い、デザイン性が高く実用的な5製品を発表している。文具大賞への出品は今回が初。

 「CLIP」のデザインなど監修は、西村拓紀デザイン(株)(東京都)が担当。昨年11月に完成した。特長は、「書類をいつまでもめくれること」。通常は、まとめた書類をめくると折り跡がついてしまうが、「ねじりばね」や「引きばね」の技術を駆使したこのクリップは、回転することでスムーズにめくり続けることが出来るという。また、特殊なくぼみの形状を採用しており、クリップ同士の付け外しも自由自在。簡単にページ数を増やすことができる仕組みだ。

 開発を担当した五光発條生産部の山本豪さんは、「何回も試作した」と苦労を語る。ばね同士を嵌め合わせる仕組みは珍しい上、0・01ミリ単位での調整が求められる。「研磨加工を見越し、形状を調整する作業は大変だが、やりがいがあった」と話す。

 村井代表は受賞について、「Factioneryの志に共感し、参加してきた。このブランドには、一つひとつの製品にストーリーがあるのが魅力。文具大賞の受賞で知ってもらうきっかけになれば」と期待を込める。今後はPRの仕方を改善していきたいとしている。

 ばねを広めるため、産学連携など、さまざまな取り組みを行う同社。実際の作業を小学生らに体験してもらう「体験型工場見学」も好評だという。村井代表は、「会社の理念は、100年後も日本でばね作りを続けること。今後もあらゆるチャレンジをしていく」と語った。

 「CLIP」は5個入り650円(税別)。同ブランドの製品はHP(【URL】 http://www.factionery.jp/)から購入可能。

クリップ使用時の様子(写真上)と連結した状態(同下)※製品HPより
クリップ使用時の様子(写真上)と連結した状態(同下)※製品HPより

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

瀬谷区版のトップニュース最新6

障がい問わずサッカーを

バンデリージャ横浜

障がい問わずサッカーを 社会

「共に子育てをする思い」

4月2日号

水道料金値上げへ

横浜市

水道料金値上げへ 経済

来春、10〜12%増見込み

4月2日号

ハマ弁を中学校「給食」へ

横浜市

ハマ弁を中学校「給食」へ 教育

21年度の開始を視野に

3月26日号

拡張エリア、4月に開園

瀬谷本郷公園

拡張エリア、4月に開園 社会

遊具や広場を整備

3月26日号

街の記録誌、一冊に

せや・ガイドの会

街の記録誌、一冊に 文化

18年間の情報まとめる

3月19日号

2区1カ所に拡充へ

認知症疾患医療センター

2区1カ所に拡充へ 社会

当初予算案に盛り込む

3月19日号

あっとほーむデスク

  • 4月2日0:00更新

  • 3月26日0:00更新

  • 3月19日0:00更新

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年4月2日号

お問い合わせ

外部リンク