瀬谷区版 掲載号:2018年9月27日号 エリアトップへ

D-ACADEMY三ツ境自動車教習所 ドローン教室でタッグ 横浜市で初の試み

社会

掲載号:2018年9月27日号

  • LINE
  • hatena
握手を交わす小林代表(左)と依田代表
握手を交わす小林代表(左)と依田代表

 小型無人飛行機ドローンのスクールを都内で開いてきたD―ACADEMY(アカデミー)(依田健一代表取締役/南台)と三ツ境自動車教習所(小林浩代表取締役/二ツ橋町)がこのほど、同教習所を講習会場とするドローンスクールを立ち上げた。自動車教習所で教室が開かれるのは横浜市で初という。

 同アカデミー(【電話】045・520・7556)と同教習所が協力するスクールは、今月18日に開校。無人航空機の安全運航管理者の証明などを行う(一社)日本UAS産業振興協議会の認定を受けている。

 カリキュラムは、測量技術やインフラ設備の点検手法などを学ぶ実践的な内容。教習所での座学と、国内最大規模のフライトエリアという千葉県君津市での実技、計4日間で行われる。受講した警備会社・(株)KSP(中区)の原郁典さんは「ドローンを有効活用した高度なセキュリティを目指しています。現場の生の声を聴くことができ、参考になります」と話した。

有用性を発信へ

 依田代表は2016年に都内でスクールを開校。同アカデミーの講習プログラムは、全国16カ所の教室で行われているという。災害時のドローン活用にも積極的で、16年には瀬谷警察署と協力協定を締結。昨年には警察や消防を交えた訓練を同教習所で開いており、小林代表とも接点があった。

 自動車学校を会場とするドローン教室は近年増えており、県内では小田原ドライビングスクールが今年7月に開校したという。横浜市初となる同教習所での教室は、同アカデミー東京神田校の移転というかたちで実現。今後は月2回ほどのペースで開かれる予定だ。

 小林代表は「これまでは交通安全から地域貢献を目指してきました。災害時にも役立つドローンの人材育成に一役買うことで、防災でも貢献できれば」と意欲を見せる。依田代表は「教習所の教室を使用させていただくことで、教習生がドローンに関心を持ったり、その逆のケースもある。相乗効果が生まれれば」と期待する。また、海外では荷物の宅配から人命救助まで様々な場面でドローンが活用されているとし、「有用性を多くの人に伝えていきたい」と意気込む。

瀬谷区版のトップニュース最新6

3年ぶりに一新

瀬谷区 団体サークルガイド

3年ぶりに一新 社会

「目的」追加し、探しやすく

2月27日号

奉仕を続け半世紀

瀬谷RC

奉仕を続け半世紀 社会

式典で節目祝う

2月27日号

「安心安全な世界」願う壁画

さくら小児童

「安心安全な世界」願う壁画 教育

アフリカの生徒と制作

2月20日号

空き家相談 周知に課題

空き家相談 周知に課題 社会

窓口開設も利用者低調

2月20日号

中量軌道輸送を整備へ

都市高速鉄道上瀬谷ライン

中量軌道輸送を整備へ 社会

瀬谷駅周辺と跡地結ぶ

2月13日号

関東の舞台で熱演

瀬谷西高演劇部

関東の舞台で熱演 教育

創部以来初の快挙

2月13日号

6年ぶりのマイナス編成

横浜市予算案

6年ぶりのマイナス編成 社会

IR推進に4億円

2月6日号

8/26家族葬一般葬の相談会

費用・内容などさまざまな疑問や不安にお答えいたします。

http://www.sougi-itabashi.co.jp

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月27日0:00更新

  • 2月13日0:00更新

  • 2月6日0:00更新

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年2月27日号

お問い合わせ

外部リンク