瀬谷区版 掲載号:2018年10月11日号 エリアトップへ

瀬谷、瀬谷西が統合へ 高校再編で23年度に

教育

掲載号:2018年10月11日号

  • LINE
  • hatena

 神奈川県教育委員会がこのほど県立高校改革実施計画II期(案)を発表し、瀬谷高校と瀬谷西高校が2023年度に再編・統合される見通しとなった。瀬谷西高は21年度入学生の募集を停止。統合後は瀬谷高の校舎と敷地を使う。

 計画案によると、両校は20年度から統合校設置に向けた準備に入る。瀬谷西高は21年度の入学生を募集しないため、同年度は2・3年生、翌22年度は3年生のみ在籍する。瀬谷西高にある県立三ツ境養護学校の分教室は、横浜緑園高校(泉区)に移設される予定。統合後は、両校が実践してきたキャリア教育の継続、地域に根差した教育、生徒個々の学習ニーズに応じた学力の向上などに取り組むとしている。

 校名は未定。県教委によると、これまでの事例では、開校前年度に決まっている。瀬谷高1期生の鈴木敏裕さんは「思い入れ深い校名や校歌が変わることになれば寂しい。瀬谷西高校の卒業生も同じ気持ちだと思う」と話している。

全県で生徒数減少へ

 県教委は16年度から27年度までを3期に分け、県立高校改革実施計画を推進。質の高い教育の充実、学校経営力の向上、再編・統合などに取り組んでいる。改革の背景には、生徒数の減少がある。瀬谷高や瀬谷西高を含む「横浜南西地域」の公立中学校卒業予定者数は、15年3月が1万5866人だったが、30年には1万3853人になると推計されている。全県でも30年までに約7000人減る見通しだ。

 再編・統合は県内を5地域に分けて検討され、中学生の進路希望や高校タイプの地域バランス、生徒の通学利便性、校舎の状態などを基準に決められる。第II期計画案では、「横浜北東・川崎」と「中・県西」を除く3地域8校が対象となった。 

きもの和五十鈴

5/1~5/5 ヘアセット・メイク体験会(通常1万2000円相当が無料)

http://kimonowaisuzu.com/

<PR>

瀬谷区版のトップニュース最新6

統合前にSDGs推進

瀬谷西高校

統合前にSDGs推進 教育

学習通じ地域に「恩返し」も

4月29日号

May J.さんに決定

横浜花博連絡協テーマソング

May J.さんに決定 社会

相鉄線3駅のBGMにも

4月29日号

かながわブランドに登録

横浜瀬谷うど

かながわブランドに登録 社会

跡地返還で栽培方法模索

4月22日号

本多選手(東野)、五輪へ

本多選手(東野)、五輪へ スポーツ

水泳日本選手権で優勝

4月22日号

フレックス制を導入

横浜市教職員

フレックス制を導入 社会

働き方改革の一環で

4月15日号

全柔連から表彰

柔道場善道館

全柔連から表彰 スポーツ

子どもへの普及に尽力

4月15日号

あっとほーむデスク

  • 4月29日0:00更新

  • 4月22日0:00更新

  • 4月15日0:00更新

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月29日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter