瀬谷区版 掲載号:2018年11月8日号 エリアトップへ

ドラフト会議 瀬谷ゆかり2人に指名 左澤・鈴木、両投手プロへ

スポーツ

掲載号:2018年11月8日号

  • LINE
  • hatena

 プロ野球ドラフト会議が10月25日に都内で行われ、横浜隼人高校出身の左澤優選手(23歳/JX―ENEOS野球部)と、瀬谷リトルシニア野球協会出身の鈴木翔天(そら)選手(22歳/富士大学)が指名された。いずれも投手で、プロでの活躍が期待される。

隼人で活躍

 左澤選手は、オリックス・バファローズから6巡目で指名された。相模原市の出身。横浜隼人高校野球部に所属していた頃は、3年春の県大会優勝の原動力になった。横浜商科大学を経て、社会人チームのJX―ENEOS野球部に入部した。「腕をしっかり振りストライクゾーンで勝負できるのが自分の強み」と左澤選手。140Km台後半の直球と、鋭く曲がるスライダーを得意とする。

 指名を受けた瞬間については「喜びよりも驚きの方が大きかった」とコメント。オリックスとは昨年の関西遠征で試合した経験があり、「活気があって、いつかこのチームでプレーできたら」と思っていたそうだ。プロに向けては「怪我なく1年間投げて、1人でも多くの人に応援してもらえる選手になりたい」と意気込む。

 「心身ともに強く、タフネスな選手だった」と振り返るのは、同校野球部の水谷哲也監督。「バッターにとって嫌なピッチャー。牽制やフィールディングのレベルも高い」と評価する。オリックスには、4年前のドラフトで指名された宗佑磨選手がおり、「2人でチームを盛り上げて欲しい」とエールを送る。

瀬谷リトルで野球を始める

 東北楽天ゴールデンイーグルスから8巡目で指名を受けた鈴木選手。旭区の小学校出身で、6年の時に少年・少女硬式野球チームの瀬谷リトルシニアに入団した。向上高校(伊勢原市)卒業後に、岩手県にある富士大学に進学。ストレートの軌道から曲がるスライダーと緩急の効いたチェンジアップを持ち味とし、大学3年には北東北地方の大学リーグで史上初となる完全試合を達成した。

 指名後の記者会見では楽天について「ファンにとても愛されている球団」と印象を話し、「ゲームを作れる、応援される選手になりたい」とプロでの抱負を語った。

 瀬谷リトルの監督で、鈴木選手を指導した神康裕さんは「当時は飛びぬけたスター選手ではなかったが、とにかく努力家でした」と振り返る。チーム練習以外にも、朝にロードワークする姿をよく見かけていたという。

 ドラフト指名について「大学で急成長した。すごく嬉しい」と喜ぶ。また、鈴木選手は今の子どもたちにとって大きな目標だとして、「プロになっても、小学生の頃の様に努力を続けて活躍して欲しい」と激励する。

横浜隼人出身の左澤選手※JXTGエネルギー(株)より写真提供
横浜隼人出身の左澤選手※JXTGエネルギー(株)より写真提供
ドラフト後、会見する鈴木選手※富士大学より写真提供
ドラフト後、会見する鈴木選手※富士大学より写真提供

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

瀬谷区版のトップニュース最新6

市、夏までに詳細周知

幼児教育・保育無償化

市、夏までに詳細周知 社会

コールセンター開設も

5月23日号

外国人が母語で指導

外国人が母語で指導 社会

防災講座、分かりやすく

5月23日号

全校で当日注文可能に

ハマ弁

全校で当日注文可能に 教育

今月28日からスタート

5月16日号

30年ぶりの第九に挑戦

"音楽のまちSEYA"実行委員会

30年ぶりの第九に挑戦 文化

区民合唱団結成へ

5月16日号

26年の花博招致目指す

横浜市

26年の花博招致目指す 社会

旧上瀬谷通信施設を会場に

5月1日号

区制50周年の節目

瀬谷区

区制50周年の節目 社会

記念事業で区民とお祝い

5月1日号

生活困窮者の早期支援へ

横浜市

生活困窮者の早期支援へ 社会

全区でネットワーク構築

4月25日号

あっとほーむデスク

  • 5月23日0:00更新

  • 5月16日0:00更新

  • 5月1日0:00更新

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年5月23日号

お問い合わせ

外部リンク