瀬谷区版 掲載号:2018年11月29日号 エリアトップへ

電動車椅子サッカー永岡真理さん W杯への奮闘、映画に 6年の歩み追う長編

スポーツ

掲載号:2018年11月29日号

  • LINE
  • hatena
永岡さんと中村監督
永岡さんと中村監督

 電動車椅子サッカーの選手として活躍する永岡真理さん(三ツ境在住)などの奮闘を描いた、ドキュメンタリー映画「蹴る」がこのほど完成した。中村和彦監督などで構成される製作委員会が、多くの人に選手の生き様や競技の魅力を伝えたいとクラウドファンディングで上映支援を募っている。

 自立歩行できないなど比較的重い障がいのある選手が、電動車椅子に取り付けたフットガードを駆使し、キックやドリブルを行う競技。永岡さんは、体を動かす筋肉が弱くなる脊髄性筋萎縮症を患っており、小学生の頃に競技を始めた。2013年の国際大会では、女性初の日本代表選手として公式戦に出場。今は強豪チーム「Yokohama Crackers(クラッカーズ)」の一員として活躍する。

 「蹴る」は永岡さんと、鹿児島のチームに所属する東武範さんを中心に、17年のワールドカップ出場を目指した選手たちの記録だ。中村監督は、障がい者サッカーのドキュメンタリー作品を手掛けた人物。永岡さんと11年に出会い、「W杯にチャレンジする姿を撮らせて欲しい」と撮影を始めた。その魅力を「気持ちが前面に出ること。試合で悪い流れを変えられる稀有な存在」と説明する。

 作品について「多くの選手にとって電動車椅子サッカーは生きることそのもの。そんな想い、生きざま、生きている証を感じとって欲しい」と話す。永岡さんは「想いや葛藤を抱きながら夢に挑む選手たちの姿を観ていただき、電動車椅子サッカーを知るきっかけになれば」と期待を寄せる。

ネットで上映支援募る

 作品は19年春にポレポレ東中野(東京)で上映され、2月16日と17日のヨコハマフットボール映画祭でも上映予定。クラウドファンディングによるサポーター募集は多くの人に映画を届けるためで、10月に始まり来年2月21日まで行われている。

 目標金額は200万円。集まった資金は宣伝活動や配給活動、海外上映を目指した英語字幕製作などに充てられる。支援額によって様々な返礼品が設けられており、詳細は専用サイト(https://motion-gallery.net/projects/kerupictures)で確認できる。

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

瀬谷区版のトップニュース最新6

ラジオ体操で介護予防

第四地区社協

ラジオ体操で介護予防 社会

25日に10周年イベント

8月22日号

在留外国人対応策を拡充

横浜市

在留外国人対応策を拡充 社会

11言語で困りごと解決

8月22日号

国際行事へテロ対応訓練

国際行事へテロ対応訓練 社会

関係機関 連携強化目指す

8月15日号

中屋敷で移動販売車

セブンイレブン

中屋敷で移動販売車 社会

買い物弱者支援へ

8月15日号

瀬谷ライダーズが準優勝

県小学生野球連盟大会

瀬谷ライダーズが準優勝 スポーツ

「意地見せた」準決で逆転劇

8月8日号

11月30日から新ダイヤ

相鉄・JR直通線

11月30日から新ダイヤ 社会

通勤特急・通勤急行の導入も

8月8日号

21年完成目指し起工式

ビルや駅前広場など整備

21年完成目指し起工式 社会

瀬谷駅南口の再開発

8月1日号

あっとほーむデスク

  • 8月15日0:00更新

  • 8月1日0:00更新

  • 7月18日0:00更新

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年8月22日号

お問い合わせ

外部リンク