瀬谷区版 掲載号:2018年12月13日号 エリアトップへ

三ツ境南口商店街 聴覚障がい者向けツアー 初開催へ参加呼びかけ

教育

掲載号:2018年12月13日号

  • LINE
  • hatena
「ぜひ参加して下さい」と菊池さん
「ぜひ参加して下さい」と菊池さん

 三ツ境南口商店街が1月13日(日)、県内初という聴覚障がい者を対象にした商店街ツアーを開く。手話通訳者が同行しながら店巡りや餅つき体験などを楽しめる企画で、多くの参加を呼びかけている。

「店巡りや餅つき楽しんで」

 三ツ境南口商店街では2017年8月から、聴覚障がいのある人が買い物しやすい環境をつくろうと、「ミックルUD(ユニバーサルデザイン)プロジェクト」をスタート。参加店舗に「筆談OK」を示すステッカーを貼り、筆談用ボードを設けた。また、手話を取り入れた作品を手掛けるデザインアーティスト門秀彦さんを招いたイベントを行ったり、会員向けの手話教室を開くなどしてきた。

 今回の取り組みは、(公社)商連かながわが各地で開いている商店街観光ツアーの一つ。三ツ境駅前商店会の主催、三ツ境商工会の共催というかたちで行われる。「プロジェクト開始から1年以上が経ちましたが、まだまだ知らない人も多い」と、プロジェクトリーダーの菊池昭広さん。ツアーを通じて、より多くの人に事業をPRしたい考えだ。

手話通訳者が同行

 ツアーは、13日午前10時15分から午後1時45分まで開催。駅近くの白姫神社を参拝し、餅つきを体験する。参加者は2班に分かれて、蕎麦屋の角よし、惣菜などを販売するグローバルフーズ、旬菜ぐぅ食堂、アライ靴店、メガネの美和を巡る。各店舗では「美と癒し」をテーマに、店主が商品や知識を紹介する予定。当日は手話通訳者が同行するほか、ツアー開催中は交通規制が敷かれる。

 聴覚障がい者1人に対し、付き添いで1人が随伴可能(重複障がいは事前相談)。定員30人(随伴者含む/先着)で、費用は昼食や土産代など1800円。希望者は12月25日(火)までに商連かながわ(【電話】045・633・5184/【FAX】045・633・5185/【メール】info@shotengai-kanagawa.com)に申し込む。ファクス・メールは、名前・住所・電話番号など記入。菊池さんは「店巡りでは、プロの知識を学べます。餅つきもありますし、ぜひ多くの方に参加して欲しいです」と話している。

瀬谷区版のトップニュース最新6

フレックス制を導入

横浜市教職員

フレックス制を導入 社会

働き方改革の一環で

4月15日号

全柔連から表彰

柔道場善道館

全柔連から表彰 スポーツ

子どもへの普及に尽力

4月15日号

2年ぶりの開催へ

瀬谷オープンガーデン

2年ぶりの開催へ 社会

区HPで会場紹介も

4月8日号

IC化で利用実態把握へ

横浜市敬老パス

IC化で利用実態把握へ 社会

制度適正化へ一歩

4月8日号

障がい者の読書推進へ

瀬谷区

障がい者の読書推進へ 社会

LLブックなどを貸出

4月1日号

3年間の集大成で県2位

SIF

3年間の集大成で県2位 スポーツ

強豪揃う大会で快進撃

4月1日号

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

公明党横浜市議団

いよいよ本日、4月8日から横浜の中学校給食がスタート!

https://www.k-kubo.yokohama/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月15日0:00更新

  • 4月8日0:00更新

  • 4月1日0:00更新

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter