瀬谷区版 掲載号:2019年1月10日号 エリアトップへ

瀬谷駅南口第1地区再開発 既存建物の解体始まる 21年夏のビル竣工へ

社会

掲載号:2019年1月10日号

  • LINE
  • hatena
再開発のイメージパース※組合より写真提供
再開発のイメージパース※組合より写真提供

 再開発計画が進められている瀬谷駅南口の第1地区で、今月7日から既存建物の解体工事が始まった。商業施設や区民文化センター、共同住宅などで構成される再開発ビルは今年の夏から工事が行われる予定で、2021年夏に完成する見通しだ。

 再開発の施行区域は、相鉄線と環状4号線に隣接する約1ヘクタール。計画案によると、再開発ビルは地下1階、地上10階建て。1階にはスーパーやコンビニ、歩行者用デッキで駅舎とつながる2階には飲食店などが出店する予定だという。建物北側の3・4階は区民文化センターが入り、絵画や写真などを展示できるギャラリー、コンサートや演劇に利用できる音楽ルームなどが作られる。南側の3〜10階は144戸の共同住宅。また、バスやタクシーが停まる駅前広場(約3000平方メートル)も整備される。

 区域内の既存建物の解体工事は今月から夏まで行われる。ビル工事は夏に始まる予定だ。

足かけ30年弱

 再開発事業は1991年、「瀬谷駅南口街づくり協議会」が発足したことでスタートした。2010年に準備組合が設立され、15年に都市計画決定。16年には、市の認可を受けて「瀬谷駅南口第1地区市街地再開発組合」(川口安徳理事長)が立ち上がり、本格的に事業着手する体制が整った。

 昨年12月には、再開発における地権者の権利内容などを定める権利変換計画が市から認可された。「準備組合の設立から8年4カ月。第一の目標としていた権利変換計画が地権者全員の合意のもと決定、認可されました」と、川口理事長は感慨深げに語る。21年夏の竣工に向けては、「区民の皆様が地元で楽しくお買い物できるような街にしたい。『ヨコハマの魅力ある西の玄関口』を目指し、これからは施設をしっかり造り上げていきます」と意気込んでいる。

再開発が進む南口※4日撮影
再開発が進む南口※4日撮影

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

瀬谷区版のトップニュース最新6

ラジオ体操で介護予防

第四地区社協

ラジオ体操で介護予防 社会

25日に10周年イベント

8月22日号

在留外国人対応策を拡充

横浜市

在留外国人対応策を拡充 社会

11言語で困りごと解決

8月22日号

国際行事へテロ対応訓練

国際行事へテロ対応訓練 社会

関係機関 連携強化目指す

8月15日号

中屋敷で移動販売車

セブンイレブン

中屋敷で移動販売車 社会

買い物弱者支援へ

8月15日号

瀬谷ライダーズが準優勝

県小学生野球連盟大会

瀬谷ライダーズが準優勝 スポーツ

「意地見せた」準決で逆転劇

8月8日号

11月30日から新ダイヤ

相鉄・JR直通線

11月30日から新ダイヤ 社会

通勤特急・通勤急行の導入も

8月8日号

21年完成目指し起工式

ビルや駅前広場など整備

21年完成目指し起工式 社会

瀬谷駅南口の再開発

8月1日号

あっとほーむデスク

  • 8月15日0:00更新

  • 8月1日0:00更新

  • 7月18日0:00更新

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年8月22日号

お問い合わせ

外部リンク