瀬谷区版 掲載号:2019年1月10日号 エリアトップへ

瀬谷駅南口第1地区再開発 既存建物の解体始まる 21年夏のビル竣工へ

社会

掲載号:2019年1月10日号

  • LINE
  • hatena
再開発のイメージパース※組合より写真提供
再開発のイメージパース※組合より写真提供

 再開発計画が進められている瀬谷駅南口の第1地区で、今月7日から既存建物の解体工事が始まった。商業施設や区民文化センター、共同住宅などで構成される再開発ビルは今年の夏から工事が行われる予定で、2021年夏に完成する見通しだ。

 再開発の施行区域は、相鉄線と環状4号線に隣接する約1ヘクタール。計画案によると、再開発ビルは地下1階、地上10階建て。1階にはスーパーやコンビニ、歩行者用デッキで駅舎とつながる2階には飲食店などが出店する予定だという。建物北側の3・4階は区民文化センターが入り、絵画や写真などを展示できるギャラリー、コンサートや演劇に利用できる音楽ルームなどが作られる。南側の3〜10階は144戸の共同住宅。また、バスやタクシーが停まる駅前広場(約3000平方メートル)も整備される。

 区域内の既存建物の解体工事は今月から夏まで行われる。ビル工事は夏に始まる予定だ。

足かけ30年弱

 再開発事業は1991年、「瀬谷駅南口街づくり協議会」が発足したことでスタートした。2010年に準備組合が設立され、15年に都市計画決定。16年には、市の認可を受けて「瀬谷駅南口第1地区市街地再開発組合」(川口安徳理事長)が立ち上がり、本格的に事業着手する体制が整った。

 昨年12月には、再開発における地権者の権利内容などを定める権利変換計画が市から認可された。「準備組合の設立から8年4カ月。第一の目標としていた権利変換計画が地権者全員の合意のもと決定、認可されました」と、川口理事長は感慨深げに語る。21年夏の竣工に向けては、「区民の皆様が地元で楽しくお買い物できるような街にしたい。『ヨコハマの魅力ある西の玄関口』を目指し、これからは施設をしっかり造り上げていきます」と意気込んでいる。

再開発が進む南口※4日撮影
再開発が進む南口※4日撮影

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

瀬谷区版のトップニュース最新6

左馬社の歴史、紙芝居で

ふるさと民話の会

左馬社の歴史、紙芝居で 文化

例大祭で初の試み

10月10日号

「区の歴史、気軽に触れて」

史跡めぐりガイドブック

「区の歴史、気軽に触れて」 文化

市民や区役所が編集

10月10日号

10月から加入を義務化

自転車保険

10月から加入を義務化 社会

市内加入率は未だ半数

10月3日号

区の商店街グルメNo.1

横浜ハッピー焼ドーナツ

区の商店街グルメNo.1 経済

モンテポンがエントリー

10月3日号

石川光希君が県頂点

瀬谷柔道会

石川光希君が県頂点 スポーツ

団体戦は2連覇

9月26日号

ひきこもり理解の一助に

ゆるり瀬谷

ひきこもり理解の一助に 社会

当事者ら招き交流行事

9月26日号

キッズデザイン賞に輝く

子育てタクシー

キッズデザイン賞に輝く 社会

親子や妊婦への支援評価

9月19日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月10日0:00更新

  • 10月3日0:00更新

  • 9月26日0:00更新

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

ハロウィーンの催し多数

旭区

ハロウィーンの催し多数

テラスで12日からフェスタ

10月12日~10月27日

瀬谷区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月10日号

お問い合わせ

外部リンク