瀬谷区版 掲載号:2019年5月1日号 エリアトップへ

横浜市 26年の花博招致目指す 旧上瀬谷通信施設を会場に

社会

掲載号:2019年5月1日号

  • LINE
  • hatena
広大な旧上瀬谷通信施設
広大な旧上瀬谷通信施設

 2015年に返還された旧上瀬谷通信施設を会場として、横浜市が国際園芸博覧会の招致を進めている。市は26年の開催を目指しており、19年度は招致の機運を高める取り組みを展開するほか、同博覧会の認証機関に開催申請する計画だ。

 瀬谷区と旭区にまたがる旧上瀬谷通信施設。広さは約242ヘクタールと広大で、国有地や民有地が混在している。戦後に接収され、15年に返還された。

 同博覧会は園芸や造園産業の振興、緑溢れる地域創造を図る祭典。大阪大会(90年)には約2300万人が来場したとされる。市では17年から招致を本格化させ、18年3月には有識者らで構成される招致検討委員会の答申を受けて基本構想案を策定。同年6月、国に招致を要請した。

 基本構想案によると開催時期は26年4月〜9月、入場者規模は1500万人以上を想定している。国有地を中心に、花・緑・農・食・大地・交流のテーマに基づき事業展開する計画。また、膨大な入場者を輸送するため、新たな交通の導入についても検討している。

機運高める

 市は今年度、迅速な意思決定を行う組織として「国際園芸博覧会招致推進室」を設置した。5月末には開催に向けた機運を高めていこうと、関連団体などから成る誘致推進組織を立ち上げる予定だ。また、広報活動としては、4月末から10月上旬にかけて北京で開催される同博覧会において横浜市をPRする。

 開催申請については、認証機関である国際園芸家協会(AIPH)に、日本造園建設業協会を通じて行う。この申請が承認された後は、国による博覧会国際事務局(BIE)への申請が必要になるという。推進室の職員は「地域の皆様のご意見もいただきながら、招致計画をより進めていきたい」と話している。

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

瀬谷区版のトップニュース最新6

新劇場整備へ検討委設置

横浜市

新劇場整備へ検討委設置 文化

多面舞台備え集客効果狙い

6月13日号

区制50周年、盛大に

2019年度区運営方針

区制50周年、盛大に 社会

記念事業を多く展開

6月13日号

外国人10万人超え

横浜市人口

外国人10万人超え 社会

多言語相談など支援強化

6月6日号

花博誘致へ地元一丸

花博誘致へ地元一丸 社会

市や県、推進協を設立

6月6日号

市訓練会で優秀賞

下瀬谷特別救助隊

市訓練会で優秀賞 社会

4年連続の県出場決める

5月30日号

20周年の節目祝う

20周年の節目祝う 社会

横浜西部工業会が式典

5月30日号

外国人が母語で指導

外国人が母語で指導 社会

防災講座、分かりやすく

5月23日号

あっとほーむデスク

  • 6月13日0:00更新

  • 5月23日0:00更新

  • 5月16日0:00更新

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年6月13日号

お問い合わせ

外部リンク