瀬谷区版 掲載号:2019年5月1日号 エリアトップへ

横浜市 26年の花博招致目指す 旧上瀬谷通信施設を会場に

社会

掲載号:2019年5月1日号

  • LINE
  • hatena
広大な旧上瀬谷通信施設
広大な旧上瀬谷通信施設

 2015年に返還された旧上瀬谷通信施設を会場として、横浜市が国際園芸博覧会の招致を進めている。市は26年の開催を目指しており、19年度は招致の機運を高める取り組みを展開するほか、同博覧会の認証機関に開催申請する計画だ。

 瀬谷区と旭区にまたがる旧上瀬谷通信施設。広さは約242ヘクタールと広大で、国有地や民有地が混在している。戦後に接収され、15年に返還された。

 同博覧会は園芸や造園産業の振興、緑溢れる地域創造を図る祭典。大阪大会(90年)には約2300万人が来場したとされる。市では17年から招致を本格化させ、18年3月には有識者らで構成される招致検討委員会の答申を受けて基本構想案を策定。同年6月、国に招致を要請した。

 基本構想案によると開催時期は26年4月〜9月、入場者規模は1500万人以上を想定している。国有地を中心に、花・緑・農・食・大地・交流のテーマに基づき事業展開する計画。また、膨大な入場者を輸送するため、新たな交通の導入についても検討している。

機運高める

 市は今年度、迅速な意思決定を行う組織として「国際園芸博覧会招致推進室」を設置した。5月末には開催に向けた機運を高めていこうと、関連団体などから成る誘致推進組織を立ち上げる予定だ。また、広報活動としては、4月末から10月上旬にかけて北京で開催される同博覧会において横浜市をPRする。

 開催申請については、認証機関である国際園芸家協会(AIPH)に、日本造園建設業協会を通じて行う。この申請が承認された後は、国による博覧会国際事務局(BIE)への申請が必要になるという。推進室の職員は「地域の皆様のご意見もいただきながら、招致計画をより進めていきたい」と話している。

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

瀬谷区版のトップニュース最新6

左馬社の歴史、紙芝居で

ふるさと民話の会

左馬社の歴史、紙芝居で 文化

例大祭で初の試み

10月10日号

「区の歴史、気軽に触れて」

史跡めぐりガイドブック

「区の歴史、気軽に触れて」 文化

市民や区役所が編集

10月10日号

10月から加入を義務化

自転車保険

10月から加入を義務化 社会

市内加入率は未だ半数

10月3日号

区の商店街グルメNo.1

横浜ハッピー焼ドーナツ

区の商店街グルメNo.1 経済

モンテポンがエントリー

10月3日号

石川光希君が県頂点

瀬谷柔道会

石川光希君が県頂点 スポーツ

団体戦は2連覇

9月26日号

ひきこもり理解の一助に

ゆるり瀬谷

ひきこもり理解の一助に 社会

当事者ら招き交流行事

9月26日号

キッズデザイン賞に輝く

子育てタクシー

キッズデザイン賞に輝く 社会

親子や妊婦への支援評価

9月19日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月10日0:00更新

  • 10月3日0:00更新

  • 9月26日0:00更新

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

ハロウィーンの催し多数

旭区

ハロウィーンの催し多数

テラスで12日からフェスタ

10月12日~10月27日

瀬谷区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月10日号

お問い合わせ

外部リンク