瀬谷区版 掲載号:2019年7月4日号 エリアトップへ

春の叙勲 区民2人が受章 喜びの声、取材

社会

掲載号:2019年7月4日号

  • LINE
  • hatena
勲章を手に喜ぶ平本さん(右)と須田さん
勲章を手に喜ぶ平本さん(右)と須田さん

 政府が5月に発表した春の叙勲。瀬谷区からは元神奈川県議会議員の平本敏さん(70/相沢在住)が旭日双光章を、中小企業庁の業務管理官などを歴任した須田和美さん(70/宮沢在住)が瑞宝双光章を受章した。2人に喜びの声を聞いた。

平本敏さん

 平本さんは1999年に神奈川県議会議員に初当選。2015年までの16年間、県議として防災対策や震災復興、高齢者介護問題などに取り組んできた。また、2008年に設立した社会福祉法人愛成会の理事長や株式会社愛成を経営し、現在も地元で介護福祉の活動を続けている。これまでの活動について「地域から上がった声に、なるべく応えることを心がけていました。県全体だけでなく、少しでも地域の役に立ちたかった」と振り返った。

 叙勲に対しては「正直頂けるとは思わず驚いた。素直に嬉しい気持ちです」と話す。また今後の活動についても「未来のために活動をゆるめずに力を入れていきたい。まだまだこれからです」と思いを語った。

須田和美さん

 須田さんは1967年に通商産業省(当時)に入省し、中小企業庁に配属。同庁は中小企業の振興・育成のための施策を講じる組織で、2004年に退職するまで37年にわたり勤務した。特に会計や人事などの関連部署に従事した期間が長く、2001年に通商産業省から経済産業省に再編された際は、職員の人事や教育に関わる業務管理官室の初代管理官に就任。いわゆる縁の下の力持ちとして同庁を支え続けた。

 勲章については、多忙だった現役時代を支えた妻・和子さんと4人の子どもに対する感謝の気持ちが大きいとして「家族一緒になって受章したものだと思っています」と喜んだ。また、「地域の一員として微力ながら積極的に参加していきたい」と今後の地域活動にも意欲を見せる。

危険業務従事者叙勲も

 春の叙勲に合わせ、顕著な功績のあった消防・警察職員などを称える危険業務従事者叙勲も発表された。区内からは3人が受章した。受章者は以下の通り(※敬称略)

▽瑞宝双光章・吉田信治(防衛功労/元3等陸佐)▽瑞宝単光章・益子岩夫(警察功労/元神奈川県警部)▽瑞宝単光章・森優(警察功労・元警視庁警部)

瀬谷区版のローカルニュース最新6

時間短縮や人数制限

市民利用施設

時間短縮や人数制限 社会

緊急事態宣言受け

1月14日号

男性不妊動画で学ぶ

瀬谷消防署が中学で初の防災教室

【Web限定記事】プレイバック瀬谷㉚

瀬谷消防署が中学で初の防災教室 社会

13年10月を振り返る

1月14日号

出演グループを募集

【Web限定記事】昼ドキイベント・せや

出演グループを募集 文化

2月5日(金)締め切り

1月14日号

IRの事業説明会

【Web限定記事】横浜市

IRの事業説明会 社会

2月と3月に計6回

1月14日号

IR住民投票案を否決

横浜市会

IR住民投票案を否決 政治

自民・公明が反対

1月14日号

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月14日0:00更新

  • 1月7日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年1月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク