瀬谷区版 掲載号:2019年7月25日号 エリアトップへ

水難事故防止へ初の試み 「川遊びは天気に注意」 市、小学校で啓発講座

社会

掲載号:2019年7月25日号

  • LINE
  • hatena
クイズ形式で安全な服装などを学んだ
クイズ形式で安全な服装などを学んだ

 夏休みを前に川の怖さや安全な楽しみ方を子どもたちに伝えようと、横浜市による水難事故防止啓発の出前講座が今月18日に市立相沢小学校で開かれた。今年度から始まった取り組みで、参加した1年生およそ50人は川遊びに適切な服装や増水時の兆候などを学んだ。       ※22日起稿

 横浜市では、ゲリラ豪雨や大型台風などによる水害が近年全国各地で多発していることを受けて、市内小学1年生に啓発チラシを配布するなど水難事故の防止を呼びかけている。初の試みとなる出前講座は今年度、瀬谷区の小学校を対象としており、相沢小のほかにも瀬谷さくら小で16日に開催され、23日には南瀬谷小でも実施される。市河川企画課の職員によると、瀬谷区は子どもたちの身近に河川が多いことから、初年度の対象区に選んだという。

魅力と怖さ伝える

 18日の講座は前半に、川の「魅力」を紹介。同課職員は生き物の名前を当てる写真クイズを通じ、「川にはたくさんの生き物がいて、命があります。そうした視点で見てみると新しい発見があるはずです」などと説明した。

 後半は川遊びで気を付けるポイントに触れ、乾きやすい服やライフジャケットを着ること、大人と一緒に行くことなどを強調。天候の変化にも注意が必要だとして、雨や落雷があったり、水が茶色く濁ってきた時は「急いで川から離れて下さい」と呼びかけた。また、学校から近い相沢川について、増水時には約160cmも深くなるなどと説明した。参加した久保琉翔(るいと)君(1年生)は「天気が悪くなったり、川の水がどんどん増えたら、すぐに家に帰りたいと思います」と話した。
 

瀬谷区版のトップニュース最新6

初の全国大会出場へ

横浜隼人中野球部

初の全国大会出場へ スポーツ

市春季大会で初優勝

5月19日号

中小企業6割が「未着手」

脱炭素

中小企業6割が「未着手」 社会

市、ガイドラインを作成

5月19日号

活動報告をデジタル化

横浜市消防団

活動報告をデジタル化 社会

負担減へ一部先行導入

5月12日号

河川功労者表彰を受賞

二ツ橋水辺愛護会

河川功労者表彰を受賞 社会

20年以上の活動を評価

5月12日号

防犯カメラ12台設置

瀬谷銀座通り商店会

防犯カメラ12台設置 社会

治安維持や交通安全に

5月5日号

市が受入・定着を後押し

外国の介護人材

市が受入・定着を後押し 社会

事業所にセミナーと研修

5月5日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月10日0:00更新

  • 2月3日0:00更新

  • 1月20日0:00更新

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月19日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook