瀬谷区版 掲載号:2019年8月1日号 エリアトップへ

ビルや駅前広場など整備 21年完成目指し起工式 瀬谷駅南口の再開発

社会

掲載号:2019年8月1日号

  • LINE
  • hatena
工事の安全を願って鍬入れする関係者ら
工事の安全を願って鍬入れする関係者ら

 再開発事業が進められている瀬谷駅南口の第1地区市街地で、施設建築物新築工事の起工式が7月26日に執り行われた。商業店舗や区民文化センターが入る再開発ビルと駅前広場などが整備される。竣工は2021年8月の予定。

 再開発エリアは相鉄線と環状4号線に隣接する約1ヘクタール。瀬谷駅と歩行者用デッキでつながる再開発ビルは地下1階、地上10階建て。1階と2階はスーパーやコンビニ、飲食店などが出店する予定となっている。ビル南側の3階〜10階は共同住宅(144戸)で、北側の3・4階は区民文化センター。同センターには絵画や写真など作品展示のためのギャラリー、椅子席で最大150人収容可能な音楽ルームなどが設けられる。

 起工式には、瀬谷駅南口第1地区市街地再開発組合の川口安徳理事長をはじめとする組合員、設計監理や施工を担う会社の関係者、瀬谷区の森秀毅区長や市都市整備局の小池政則局長、市文化観光局の池戸淳子局長など多数が出席。工事の安全を願い、諏訪神社(区内相沢)による神事や鍬入れ式が行われた。

 JA横浜瀬谷駅前支店に会場を移して行われた式典には、瀬谷区選出の市会議員や県議会議員などが駆け付けた。冒頭であいさつに立った川口理事長は、これまでの経緯を振り返りながら、「権利変換手続きも全員合意のもと進めることが出来ました。きょう起工式を迎えることが出来たのは皆様のご指導、ご支援の賜物です」と感謝の想いを述べた。また、「(瀬谷駅南口は)ヨコハマの魅力ある西の玄関口として大きく生まれ変わります。建築工事の円滑な進捗、工事と近隣住民の安全をモットーに完成を目指していきます」と力強く抱負を語った。

 再開発事業は1991年に「瀬谷駅南口街づくり協議会」が発足したことで始まった。2010年に準備組合が設立され、15年に都市計画決定。16年と18年に再開発組合設立と権利変換計画がそれぞれ認可され、今年1月から解体工事が始まった。新築工事はおよそ2年かけて行われ、21年8月に竣工する見通しとなっている。

あいさつする川口理事長
あいさつする川口理事長
再開発ビルのイメージパース※組合より提供
再開発ビルのイメージパース※組合より提供

小規模事業者向け無料出張相談

横浜市支援機関の専門家が、電話一本で伺います!☎045-225-3719

https://www.idec.or.jp/index.php

<PR>

瀬谷区版のトップニュース最新6

スーパーで初の弁当販売

区商連デリバリー

スーパーで初の弁当販売 社会

飲食店と区民の懸け橋に

1月21日号

市内に特設交付拠点

マイナンバーカード

市内に特設交付拠点 社会

市、21年度に向け検討

1月21日号

前年から半減

特殊詐欺20年認知件数

前年から半減 社会

被害額は3分の1に

1月14日号

市、15日に受付窓口開設

障害者手帳カード化導入

市、15日に受付窓口開設 社会

選択制、耐久性など向上へ

1月14日号

「明るい希望持てる年に」

森区長インタビュー

「明るい希望持てる年に」 社会

21年の取り組み語る

1月7日号

児童にビデオで感謝伝え

瀬谷さくら小学援隊

児童にビデオで感謝伝え コミュニティ社会

手品や演奏を披露

1月7日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月21日0:00更新

  • 1月14日0:00更新

  • 1月7日0:00更新

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク