瀬谷区版 掲載号:2019年8月15日号 エリアトップへ

セブンイレブン 中屋敷で移動販売車 買い物弱者支援へ

社会

掲載号:2019年8月15日号

  • LINE
  • hatena
移動販売する竹村町店のスタッフたち
移動販売する竹村町店のスタッフたち

 商業施設が少ない中屋敷地区の”買い物弱者”などを支援しようと、セブンイレブン横浜瀬谷竹村町店(田村謙二オーナー)が8月1日から移動販売車の運用をスタートさせた。市内のセブンイレブンで初となる取り組みで、毎週木曜日に食料品や日用品などを地区内4カ所で販売する。

市内店舗で初の試み

 「セブンあんしんお届け便」と題されたサービス。専用車両で【1】個人宅付近(中屋敷1の28の4)、【2】中屋敷町内会館(同1の20の1)、【3】コーポNK駐車場(同1の10)、【4】ハイツアドバンス駐車場(同1の22の6)の4カ所を、午前10時30分から正午まで30分間隔で順番に訪問する。商品はおにぎりや弁当、サンドイッチ、冷凍食品など。トイレットペーパーといった日用品も取り扱う。田村オーナーは「利用者の要望を受けてラインナップを充実させていければ」と話す。

 セブンイレブンは横浜市と「地域活性化包括連携協定」を結んでおり、見守り活動や買い物支援などを通じた社会課題の解決を目指している。中屋敷は一人暮らしの高齢者などが多く、周辺にスーパーなど商業施設が少ないため、瀬谷北部町内連合会や瀬谷区社会福祉協議会などの協力を受けながら移動販売を実施することになった。

 1日には中屋敷町内会館に関係者などが集まり出走式が行われた。同連合会の奥津敏雄会長は「移動販売車は買い物弱者やお年寄り、地域の皆にとって有用。中屋敷で大いに利用され、瀬谷北部に拡大していけば」と期待。田村オーナーは「多くの方々の後押しを受けて、移動販売を開始できて嬉しい」と話した。今回の取り組みを回覧板で知って訪れたという70代の男性は「普段はセブンイレブン竹村町店や大和市のスーパーに行っている。遠くまで行かずに買い物できるのでありがたい」と喜んでいた。

残暑お見舞い申し上げます

8/26家族葬一般葬の相談会

費用・内容などさまざまな疑問や不安にお答えいたします。

http://www.sougi-itabashi.co.jp

<PR>

瀬谷区版のトップニュース最新6

「安心安全な世界」願う壁画

さくら小児童

「安心安全な世界」願う壁画 教育

アフリカの生徒と制作

2月20日号

空き家相談 周知に課題

空き家相談 周知に課題 社会

窓口開設も利用者低調

2月20日号

中量軌道輸送を整備へ

都市高速鉄道上瀬谷ライン

中量軌道輸送を整備へ 社会

瀬谷駅周辺と跡地結ぶ

2月13日号

関東の舞台で熱演

瀬谷西高演劇部

関東の舞台で熱演 教育

創部以来初の快挙

2月13日号

更生保護女性会が50周年

更生保護女性会が50周年 社会

犯罪防止や立ち直り支援

2月6日号

6年ぶりのマイナス編成

横浜市予算案

6年ぶりのマイナス編成 社会

IR推進に4億円

2月6日号

過去最少の16件

瀬谷区の19年火災件数

過去最少の16件 社会

放火減少が要因に

1月30日号

残暑お見舞い申し上げます

こぱんはうすさくら横浜瀬谷教室

「一緒に子どもたちのコミュニケーション能力を育てるお手伝いをしませんか」

https://www.puramai.org/

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月13日0:00更新

  • 2月6日0:00更新

  • 1月30日0:00更新

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

早春の神社と公園巡る

早春の神社と公園巡る

瀬谷水緑の健康ウォーク

2月24日~2月24日

瀬谷区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年2月20日号

お問い合わせ

外部リンク