瀬谷区版 掲載号:2019年8月15日号 エリアトップへ

セブンイレブン 中屋敷で移動販売車 買い物弱者支援へ

社会

掲載号:2019年8月15日号

  • LINE
  • hatena
移動販売する竹村町店のスタッフたち
移動販売する竹村町店のスタッフたち

 商業施設が少ない中屋敷地区の”買い物弱者”などを支援しようと、セブンイレブン横浜瀬谷竹村町店(田村謙二オーナー)が8月1日から移動販売車の運用をスタートさせた。市内のセブンイレブンで初となる取り組みで、毎週木曜日に食料品や日用品などを地区内4カ所で販売する。

市内店舗で初の試み

 「セブンあんしんお届け便」と題されたサービス。専用車両で【1】個人宅付近(中屋敷1の28の4)、【2】中屋敷町内会館(同1の20の1)、【3】コーポNK駐車場(同1の10)、【4】ハイツアドバンス駐車場(同1の22の6)の4カ所を、午前10時30分から正午まで30分間隔で順番に訪問する。商品はおにぎりや弁当、サンドイッチ、冷凍食品など。トイレットペーパーといった日用品も取り扱う。田村オーナーは「利用者の要望を受けてラインナップを充実させていければ」と話す。

 セブンイレブンは横浜市と「地域活性化包括連携協定」を結んでおり、見守り活動や買い物支援などを通じた社会課題の解決を目指している。中屋敷は一人暮らしの高齢者などが多く、周辺にスーパーなど商業施設が少ないため、瀬谷北部町内連合会や瀬谷区社会福祉協議会などの協力を受けながら移動販売を実施することになった。

 1日には中屋敷町内会館に関係者などが集まり出走式が行われた。同連合会の奥津敏雄会長は「移動販売車は買い物弱者やお年寄り、地域の皆にとって有用。中屋敷で大いに利用され、瀬谷北部に拡大していけば」と期待。田村オーナーは「多くの方々の後押しを受けて、移動販売を開始できて嬉しい」と話した。今回の取り組みを回覧板で知って訪れたという70代の男性は「普段はセブンイレブン竹村町店や大和市のスーパーに行っている。遠くまで行かずに買い物できるのでありがたい」と喜んでいた。

瀬谷区版のトップニュース最新6

地域クイズを独自発行

瀬谷第一地区連合町内会

地域クイズを独自発行 社会

コロナ禍の交流に一役

10月15日号

漫才と歌で詐欺撃退

漫才と歌で詐欺撃退 社会

警察や区、動画を配信

10月15日号

「おもてなし」再開

せやまるサポーター

「おもてなし」再開 コミュニティ社会

区庁舎案内、半年ぶりに

10月8日号

「運転席無人」バスは国内初

市・企業など実証実験

「運転席無人」バスは国内初 社会

将来の労働力不足に対策

10月8日号

「地域猫活動を知って」

瀬谷のらねこへらし隊

「地域猫活動を知って」 社会

冊子や動画で啓発

10月1日号

中高生が「集大成」披露

区吹奏楽フェス

中高生が「集大成」披露 文化

コロナ禍で顧問会が主催

10月1日号

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月15日0:00更新

  • 10月8日0:00更新

  • 10月1日0:00更新

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年10月15日号

お問い合わせ

外部リンク