瀬谷区版 掲載号:2019年8月15日号 エリアトップへ

国際行事へテロ対応訓練 関係機関 連携強化目指す

社会

掲載号:2019年8月15日号

  • LINE
  • hatena
警察署や消防署が訓練に携わった
警察署や消防署が訓練に携わった

 瀬谷消防署や瀬谷警察署などが7月30日、暴走車両による無差別テロを想定した合同対応訓練を瀬谷駅の北口駅前広場で行い約50人が参加した。9月から始まるラグビーワールドカップ2019や来年の東京オリンピック・パラリンピックなどに向けて、関係機関の連携強化などを図る狙いだ。

 訓練は、消防署の熱中症広報イベントの最中に、不審車両が猛スピードで突進。歩行者を次々と跳ね飛ばして停車した後に、包丁を手にした運転手が暴れ出したという想定のもと実施された。消防署によると、テロの種類には爆弾などを使った爆発災害や化学災害などがあるが、近年は簡単に実行できてしまう無差別テロも世界各地で発生。車両を用いたケースもあり、今回のような想定を採用したという。訓練の実施時期については、横浜市で決勝戦などが開かれるラグビーワールドカップが来月から始まることや、来夏の東京五輪に向けて暑い中での活動状況を検証する目的もある。消防署と警察署に加えて、相模鉄道(株)と瀬谷区役所も参加した。

 訓練では、通報で駆け付けた警察官4人が警棒やさすまたで犯人を取り囲みながら制圧して逮捕。さらに、消防署の救急隊員がけが人の手当ての優先度を付けるトリアージを行うとともに、暴走車両の下敷きになった負傷者を救出した。

 警察署の田島充署長は講評で、「万が一テロが発生した場合には、犯人の早期検挙はもちろん、被害の拡大防止、被害者の救助に万全を期して欲しい」と参加者に呼びかけ。消防署の西川浩二署長は、2013年に発生した米国ボストンマラソン爆弾テロなどスポーツイベントをターゲットにした事件に触れながら、「今回の訓練で見つかった課題を各機関がしっかり検証、情報共有して体制づくりを進めていきたい」と意気込んだ。

残暑お見舞い申し上げます

8/26家族葬一般葬の相談会

費用・内容などさまざまな疑問や不安にお答えいたします。

http://www.sougi-itabashi.co.jp

<PR>

瀬谷区版のトップニュース最新6

中量軌道輸送を整備へ

都市高速鉄道上瀬谷ライン

中量軌道輸送を整備へ 社会

瀬谷駅周辺と跡地結ぶ

2月13日号

関東の舞台で熱演

瀬谷西高演劇部

関東の舞台で熱演 教育

創部以来初の快挙

2月13日号

更生保護女性会が50周年

更生保護女性会が50周年 社会

犯罪防止や立ち直り支援

2月6日号

6年ぶりのマイナス編成

横浜市予算案

6年ぶりのマイナス編成 社会

IR推進に4億円

2月6日号

延焼防止設備で訓練

長屋門公園

延焼防止設備で訓練 社会

文化財防火デーで初

1月30日号

過去最少の16件

瀬谷区の19年火災件数

過去最少の16件 社会

放火減少が要因に

1月30日号

防災スピーカー 設置進む

防災スピーカー 設置進む 社会

市、3年かけ全域に整備

1月23日号

残暑お見舞い申し上げます

こぱんはうすさくら横浜瀬谷教室

「一緒に子どもたちのコミュニケーション能力を育てるお手伝いをしませんか」

https://www.puramai.org/

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月13日0:00更新

  • 2月6日0:00更新

  • 1月30日0:00更新

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

早春の神社と公園巡る

早春の神社と公園巡る

瀬谷水緑の健康ウォーク

2月24日~2月24日

瀬谷区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年2月13日号

お問い合わせ

外部リンク