瀬谷区版 掲載号:2019年8月29日号 エリアトップへ

瀬谷リトルシニア野球協会 県でダブル優勝 約20年ぶりの快挙

スポーツ

掲載号:2019年8月29日号

  • LINE
  • hatena
好成績を喜ぶ瀬谷リトルシニア野球協会の選手たち
好成績を喜ぶ瀬谷リトルシニア野球協会の選手たち

 少年少女硬式野球の「瀬谷リトルシニア野球協会」のシニアチーム(中学1年夏〜3年)とリトルチーム(小学5年夏〜中学1年夏)が、7月から8月11日にかけて開かれた県大会でそれぞれ頂点に立った。同チームの県でのダブル優勝は約20年ぶり。

 40年以上の歴史がある瀬谷リトルシニア。現在は未就学児から中学3年まで約100人が「シニア」「リトル」「マイナー」(小学3年夏〜5年夏)「ジュニア」(未就学児〜小学3年夏)に分かれ活動している。今夏はマイナーも県3位に輝いた。

優勝で恩返し

 シニアの県大会には45チームが出場。瀬谷シニアは速球とスライダーが武器のエース・伊藤大朗選手(3年)を中心とした守備からリズムを作る。

 今大会は、昨年秋の南関東大会で敗れた伊勢原と4回戦で対戦。14対6と大勝して勢いづくと、続く準決勝でも強豪の戸塚を相手に3対0と完封勝ちした。二宮大磯との決勝戦は、長打やスクイズなど多彩な攻撃で序盤から得点を重ね、一度もリードを許すことなく8対2と勝利した。

 3年生は今夏で引退。浜本駿主将(3年)は「保護者やスタッフの皆さんに、優勝というかたちで恩返し出来て誇らしい気持ちです」と喜んだ。

最後に胴上げを

 12チームがトーナメントで優勝を争ったリトルの県大会。瀬谷リトルは、渡部祐主将(中1)や長打力のある滝川颯人選手(同)などを軸とした高い攻撃力を持つ。今大会でも2回戦と準決勝を13対0、10対0と大勝した。

 二宮大磯との決勝は初回、滝川選手と平本上太朗選手(同)のホームランで7得点。中盤に追いつかれるも、中継ぎの渡部主将が相手打線を抑えた。そして最終7回裏、松永琳選手(同)がヒットを放ち8対7とサヨナラ勝ちした。

 渡部主将は今大会を最後にシニアに移る神康裕監督について「監督を胴上げしたいという気持ちでチームが強くなりました。優勝できて嬉しいです」と笑顔で話した。

瀬谷区版のトップニュース最新6

外国人の相談窓口開設

横浜市居住支援協議会

外国人の相談窓口開設 社会

国の人手不足対策と連動

10月22日号

30年以上無事故で表彰

平野靜男さん(南台在住)

30年以上無事故で表彰 社会

「絶対に急がない」運転を

10月22日号

地域クイズを独自発行

瀬谷第一地区連合町内会

地域クイズを独自発行 社会

コロナ禍の交流に一役

10月15日号

漫才と歌で詐欺撃退

漫才と歌で詐欺撃退 社会

警察や区、動画を配信

10月15日号

「おもてなし」再開

せやまるサポーター

「おもてなし」再開 コミュニティ社会

区庁舎案内、半年ぶりに

10月8日号

「運転席無人」バスは国内初

市・企業など実証実験

「運転席無人」バスは国内初 社会

将来の労働力不足に対策

10月8日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月22日0:00更新

  • 10月15日0:00更新

  • 10月8日0:00更新

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年10月22日号

お問い合わせ

外部リンク