瀬谷区版 掲載号:2019年9月12日号 エリアトップへ

中学団体で全国ベスト4 横浜隼人の女子卓球部

スポーツ

掲載号:2019年9月12日号

  • LINE
  • hatena
横浜隼人中学高等学校の女子卓球部(前2列が中学生)
横浜隼人中学高等学校の女子卓球部(前2列が中学生)

 横浜隼人中学高等学校の女子卓球部が、8月20日から23日に滋賀県で行われた全国中学校卓球大会に出場し、団体戦でベスト4入りを果たした。同部が同大会でベスト4入りするのは、3年ぶり7度目となる。

 7月から8月にかけて行われた区・市・関東大会を勝ち抜き、全国大会へと出場した同部。団体戦はシングルス4戦、ダブルス1戦の5試合で勝敗が決まる。

 決勝トーナメント1回戦の就実(しゅうじつ)中学校(岡山)戦では、第4試合まで2対2と競り合った。第5試合のシングルスでキャプテンの武山華子選手(3年)が粘り強いプレーで勝利し、3対2で初戦を突破した。武山選手は「1回戦から決勝のつもりで戦い、チームで勝利できた試合でした」と振り返った。

 続く浜松修学舎中学校(静岡)との準々決勝では、3対1と勝利。準決勝の貝塚第二中学校(大阪)戦で0対3と敗退したものの、全国ベスト4入りと結果を残した。武山選手は「今年こそは結果を残そうと挑んだ大会だったので、ベスト4入りはすごく嬉しかったです。自分の自信にもつながりました」と笑顔で話す。同部顧問の中間卓也教諭は「飛び抜けて強い選手はいないものの、強豪校相手によく健闘した」と選手らを称えると同時に、「まだまだ全国の壁は厚い。今後も日々の練習で個人の差を埋めていければ」と激励した。

高校生も健闘

 高校生は8月15日から20日に鹿児島県で行われたインターハイに14年連続で出場した。青木優佳選手(3年)・小畑美月選手(2年)ペアがダブルスでベスト8入り、団体戦でベスト16入りを果たした。キャプテンの青木選手は「団体戦は悔しい結果でしたが気持ちを切り替え、次の大会に向けて練習に励みます」とし、「自分たちのことだけでなく後輩へのサポートもしていきたい」と語った。

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

瀬谷区版のローカルニュース最新6

一部を保存、ホテルに

現市庁舎

一部を保存、ホテルに 社会

エンタメ施設やオフィス、大学も

9月12日号

ポスター見て市会へ

ポスター見て市会へ 政治

公募から4作品表彰

9月12日号

かかしコンテスト

泉区

かかしコンテスト 社会

投票は16日まで

9月12日号

昔遊びをプロが伝授

旭区

昔遊びをプロが伝授 文化

3連休にジョイナステラス

9月12日号

本場のタンゴ体感

本場のタンゴ体感 文化

10月2日にコンサート

9月12日号

「ヴェネチア室内合奏団」公演

「ヴェネチア室内合奏団」公演 文化

本紙読者25組50人を招待

9月12日号

<PR>

あっとほーむデスク

  • 9月12日0:00更新

  • 9月5日0:00更新

  • 8月29日0:00更新

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

旧東海道を巡る

旧東海道を巡る

せや・ガイドが散策行事

9月21日~9月21日

瀬谷区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年9月12日号

お問い合わせ

外部リンク