瀬谷区版 掲載号:2019年10月17日号 エリアトップへ

瀬谷区制50周年をお祝い 記念式典に500人

社会

掲載号:2019年10月17日号

  • LINE
  • hatena
挨拶に立つ網代委員長(右)と森区長
挨拶に立つ網代委員長(右)と森区長

 瀬谷区の区制50周年を祝う記念式典が10月5日に瀬谷公会堂で開かれ、区民や地元選出議員、同記念事業に協賛した企業や団体、個人らなどおよそ500人が出席した。

   瀬谷区は1969年10月1日、戸塚区から分区して誕生。今月1日に50周年を迎えた。式典の冒頭で記念事業実行委員会の網代宗四郎委員長は「区役所をはじめ関係団体と実行委員会が車の両輪となり、事業を進めてきたことが形となった」とし「区民の皆様には今回を機に、瀬谷区への愛着を一層強く感じてもらえたら」と挨拶した。森秀毅区長は「瀬谷区は自然の豊かさと温かな地域コミュニティで発展してきた。これからも幸せを実感できる瀬谷づくりを進めていく」と語った。

 式典では瀬谷区出身の横浜F・マリノスの栗原勇蔵選手、歌手のМayJ.さん、女優の伊藤かずえさん、岩手県大槌町の新おおつち漁業協同組合など瀬谷区にゆかりのある人物や団体からお祝いのビデオメッセージや色紙が披露された。ビデオメッセージは区のホームページで公開を予定しており、色紙は10月18日(金)の午後4時まで区庁舎2階区民ホールで展示している。また、瀬谷西高校などで教師を務めた(一財)日本地図センター相談役の田代博さんが、「地図で見る瀬谷区の魅力と歴史」と題した記念講演を実施。田代さんは絵図やデジタルマップなどを使いながら瀬谷区の歴史などを紹介した。

横浜緋桜を植樹

 式典終了後には二ツ橋公園で記念植樹が行われ、横浜緋桜を植樹した。

 横浜緋桜は1972年ごろに、早咲き種の寒緋桜と病気に強い山桜を交配させて誕生した。赤みが強い大輪の花で、下向きに咲くのが特徴だ。

 植樹は網代委員長や森区長をはじめ、同委員会会員らのほかにも、公園にいた子どもたちも参加した。子どもたちはスコップで横浜緋桜の根元に土を優しく被せた。

横浜緋桜の根元に土を被せる子どもたち
横浜緋桜の根元に土を被せる子どもたち

妙法院の永代供養墓 

三ツ境駅からバス約5分。緑豊かで静謐・荘厳な永久納骨廟は20万円~。

http://www.myo-ho-in.com/

<PR>

瀬谷区版のトップニュース最新6

「安心安全な世界」願う壁画

さくら小児童

「安心安全な世界」願う壁画 教育

アフリカの生徒と制作

2月20日号

空き家相談 周知に課題

空き家相談 周知に課題 社会

窓口開設も利用者低調

2月20日号

中量軌道輸送を整備へ

都市高速鉄道上瀬谷ライン

中量軌道輸送を整備へ 社会

瀬谷駅周辺と跡地結ぶ

2月13日号

関東の舞台で熱演

瀬谷西高演劇部

関東の舞台で熱演 教育

創部以来初の快挙

2月13日号

更生保護女性会が50周年

更生保護女性会が50周年 社会

犯罪防止や立ち直り支援

2月6日号

6年ぶりのマイナス編成

横浜市予算案

6年ぶりのマイナス編成 社会

IR推進に4億円

2月6日号

過去最少の16件

瀬谷区の19年火災件数

過去最少の16件 社会

放火減少が要因に

1月30日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月13日0:00更新

  • 2月6日0:00更新

  • 1月30日0:00更新

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

早春の神社と公園巡る

早春の神社と公園巡る

瀬谷水緑の健康ウォーク

2月24日~2月24日

瀬谷区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年2月20日号

お問い合わせ

外部リンク