瀬谷区版 掲載号:2019年11月28日号 エリアトップへ

防災3団体が50周年 合同式典で祝う

社会

掲載号:2019年11月28日号

  • LINE
  • hatena
あいさつする川口会長
あいさつする川口会長

 瀬谷区の防災を推進する「瀬谷火災予防協会」(川口恭正会長)「瀬谷消防団」(鈴木政興団長)「地域防災連絡協議会」(大岡靖之会長)がこのほど創立50周年を迎えた。11月23日に区内で合同式典があり、関係者らは防災の充実に向けて決意を新たにした。

 防災3団体は、瀬谷区制が施行された1969年に発足。瀬谷火災予防協会は、協会員の所属する建物の火災予防や、消防に関わる知識や技術の習得などを進めており、現在は196事業所が加入している。

 地域住民で構成される瀬谷消防団。308人が4個分団14班に分かれ、火災や自然災害に備えた訓練に励む。地域への防災指導や広報も活動の一つで、年末年始には特別警戒に取り組む。

 地域防災連絡協議会は、(財)横浜市防火協会瀬谷支部として活動をスタート。今は約56事業所が所属しており、各地域における防災ボランティアや地域行事を支援している。

 式典には関係者のほか、瀬谷区の森秀毅区長や瀬谷区連合町内会自治会連絡協議会の網代宗四郎会長など来賓が多数駆け付けた。50周年の実行委員長を務める川口会長は「防災3団体は地域防災の向上に向け、瀬谷消防署のご指導や地域の方々のご協力のもと絶え間なく活動してきました」と振り返り、「次の50年への一歩を踏み出した私たちに、今後もご指導とご鞭撻をお願いします」と呼びかけた。また、この日は防災3団体の事業に貢献があったとして3個人・2団体が表彰された。被表彰者は以下の通り。※敬称略

▽露木興業(株) 会長 露木重久/大岡靖之/小澤操/(福)朋友会 軽費老人ホーム睦荘/Seya防災ネットワーク

 実行委員会では周年事業として、火災による逃げ遅れを防ぐため、高齢者や障がい者が暮らす世帯への住宅用火災警報器の配布を進めている。
 

貢献のあった個人などを表彰
貢献のあった個人などを表彰

瀬谷区版のトップニュース最新6

初の全国大会出場へ

横浜隼人中野球部

初の全国大会出場へ スポーツ

市春季大会で初優勝

5月19日号

中小企業6割が「未着手」

脱炭素

中小企業6割が「未着手」 社会

市、ガイドラインを作成

5月19日号

活動報告をデジタル化

横浜市消防団

活動報告をデジタル化 社会

負担減へ一部先行導入

5月12日号

河川功労者表彰を受賞

二ツ橋水辺愛護会

河川功労者表彰を受賞 社会

20年以上の活動を評価

5月12日号

防犯カメラ12台設置

瀬谷銀座通り商店会

防犯カメラ12台設置 社会

治安維持や交通安全に

5月5日号

市が受入・定着を後押し

外国の介護人材

市が受入・定着を後押し 社会

事業所にセミナーと研修

5月5日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月10日0:00更新

  • 2月3日0:00更新

  • 1月20日0:00更新

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月19日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook