瀬谷区版 掲載号:2020年1月30日号 エリアトップへ

長屋門公園 延焼防止設備で訓練 文化財防火デーで初

社会

掲載号:2020年1月30日号

  • LINE
  • hatena
ドレンチャーや放水銃で延焼防止と消火を試みた
ドレンチャーや放水銃で延焼防止と消火を試みた

 江戸や明治の建物がある長屋門公園で1月24日、「文化財防火デー」に合わせた毎年恒例の消防訓練が行われた。昨年に世界遺産の首里城や白川郷で発生した火災を受けて、延焼を防ぐ「ドレンチャー設備」による自動放水が初めて訓練に取り入れられた。

 文化財防火デーは毎年1月26日で、1949年に起きた法隆寺金堂壁画の焼損を契機に定められた。文化財を火災や地震から守るため、26日前後に全国各地の自治体で訓練が展開されている。

 ドレンチャーは文化財などの建物を延焼から守る設備。自動放水によって水の膜を張り、飛来する火の粉を消火したり、建物を冷却する。同園では江戸時代中期の建造と推測される、かや葺き屋根の「安西家母屋」の上部に設置されている。

 同園の訓練は例年、屋内消火栓や放水銃を使用。今回は昨年10月に首里城の正殿などが焼失し、11月には合掌造り集落がある白川郷でも小屋が全焼する火災があったことなどから、ドレンチャーを用いることになった。瀬谷消防署の提案を受けて使用を決めた同園事務局長の清水志保さんは「訓練には地域の方々も見学に訪れます。防災意識を高めることにつながれば」と話す。

 24日の訓練は園内の土手から出火したという想定で、消防署職員や同園ボランティアなど約50人が参加した。ボランティアが屋内消火栓や放水銃で初期消火を試みるとともに、ドレンチャーによる自動放水を実施。また、消防隊による放水も行われた。

 清水さんは「消火設備の操作などを改めて確認できました」と訓練を振り返りながら、「火災を起こしてはならないという気持ちを新たにしました」と防火へ気を引き締めていた。

瀬谷区版のトップニュース最新6

かながわブランドに登録

横浜瀬谷うど

かながわブランドに登録 社会

跡地返還で栽培方法模索

4月22日号

本多選手(東野)、五輪へ

本多選手(東野)、五輪へ スポーツ

水泳日本選手権で優勝

4月22日号

フレックス制を導入

横浜市教職員

フレックス制を導入 社会

働き方改革の一環で

4月15日号

全柔連から表彰

柔道場善道館

全柔連から表彰 スポーツ

子どもへの普及に尽力

4月15日号

2年ぶりの開催へ

瀬谷オープンガーデン

2年ぶりの開催へ 社会

区HPで会場紹介も

4月8日号

IC化で利用実態把握へ

横浜市敬老パス

IC化で利用実態把握へ 社会

制度適正化へ一歩

4月8日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月22日0:00更新

  • 4月15日0:00更新

  • 4月8日0:00更新

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter