瀬谷区版 掲載号:2020年2月6日号 エリアトップへ

更生保護女性会が50周年 犯罪防止や立ち直り支援

社会

掲載号:2020年2月6日号

  • LINE
  • hatena
式典であいさつする石川会長(右)と、北井榮実行委員長
式典であいさつする石川会長(右)と、北井榮実行委員長

 非行防止や犯罪をした人の立ち直り支援に尽力する「瀬谷区更生保護女性会」(石川伸子会長)がこのほど創立50周年を迎えた。1月29日には西区のホテルで式典と祝賀会があり、会員や来賓など約80人が節目を祝った。

 同会は瀬谷区制施行と同じ1969年に設立されたボランティア団体で、現在は100人が所属。非行や犯罪に陥った人たちの立ち直り支援、青少年の健全育成、更生保護への理解促進などを目的としている。

 具体的な活動としては、瀬谷保護司会などと連携しながら毎年夏の「社会を明るくする運動」に合わせた街頭キャンペーンや、更生保護施設の訪問などに取り組む。また、啓発事業の一環として1971年から続く「ひまわりバザー」の開催や、「目標に向かって頑張ってください」などのメッセージを添えた押し花のしおりを区内中学生にプレゼントするなどしている。

 式典には横浜保護観察所の三本松篤所長や、瀬谷区の森秀毅区長など多くの来賓が参加した。同会から瀬谷区社会福祉協議会や瀬谷保護司会などへの寄付金・協力金の贈呈があったほか、瀬谷区出身の津軽三味線奏者の小山憲斗さんが演奏を披露した。石川会長は冒頭のあいさつで、社会を明るくする運動やひまわりバザーについて触れながら「これからも会員の心を一つにして、なお一層励んでいきたい」と今後の抱負を語った。

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

瀬谷区版のトップニュース最新6

ハマ弁を中学校「給食」へ

横浜市

ハマ弁を中学校「給食」へ 教育

21年度の開始を視野に

3月26日号

拡張エリア、4月に開園

瀬谷本郷公園

拡張エリア、4月に開園 社会

遊具や広場を整備

3月26日号

街の記録誌、一冊に

せや・ガイドの会

街の記録誌、一冊に 文化

18年間の情報まとめる

3月19日号

2区1カ所に拡充へ

認知症疾患医療センター

2区1カ所に拡充へ 社会

当初予算案に盛り込む

3月19日号

ネットでプロが楽器選定

松下洋さん(阿久和東)

ネットでプロが楽器選定 社会

「一生のパートナーに」

3月12日号

花博開催の機運醸成へ

瀬谷区20年度自主企画事業

花博開催の機運醸成へ 社会

行事や実行委員会設立

3月12日号

相鉄線「さがみ野駅」徒歩10分

墓石撤去不要墓を新設。樹木葬墓、動物墓も。

http://www.ji-n.net/search/jiin_detail.cgi?id=366

<PR>

あっとほーむデスク

  • 3月26日0:00更新

  • 3月19日0:00更新

  • 3月12日0:00更新

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年3月26日号

お問い合わせ

外部リンク