瀬谷区版 掲載号:2020年2月20日号 エリアトップへ

さくら小児童 「安心安全な世界」願う壁画 アフリカの生徒と制作

教育

掲載号:2020年2月20日号

  • LINE
  • hatena
完成した壁画に喜ぶ児童。壁画の右側をさくら小が、左側をマダガスカルの生徒が制作した
完成した壁画に喜ぶ児童。壁画の右側をさくら小が、左側をマダガスカルの生徒が制作した

 瀬谷さくら小学校の児童がこのほど、国際協働学習の一環として、アフリカ・マダガスカルの学校の生徒と協力して幅3・6m、高さ1・5mの巨大な壁画を制作した。「安心安全な世界」をテーマに描いた作品で、完成品が2月13日に児童にお披露目された。

 この活動は、(一財)ジャパンアートマイル(兵庫県)が推進する国際協働学習プロジェクトの一環。日本と海外の学校がインターネットを通じ学び合い、異なる価値観の人々と対話したり、ともに問題解決する力を育む。壁画はその集大成で、世界に訴えたいメッセージを込め制作する。

 プロジェクトに取り組んだのは6年1組の児童。マダガスカルの学校に通う17〜18歳の生徒たちと昨年4月から学習を始め、動画を通じて自分の名前や好きな食べ物、日本国内の名所や文化を紹介するなどしてきた。

 壁画はさくら小が先行し、「安心安全な世界」をテーマに制作。プロジェクトで学んだ「教育」「水」「トイレ」について、世界の人々が平等に教育を受けたり、清潔な環境で暮らせるようにとの思いで創作した。

 半分が完成した壁画はマダガスカルに空輸。現地の生徒たちは、国に関わらず誰もが同じ教育を受けられるようにと、両国の子どもが「教育」と書かれた本を掲げている絵などを描いた。

 完成した壁画は2月上旬にさくら小に届き、13

日にお披露目された。クラスメイトの意見を聞いて構図を考えたという新倉大翔君は完成した作品を見て、「人の描き方とか表現力が凄いと思いました」と驚き、「マダガスカルについて色々と知ることが出来ました。いつか直接会って話してみたいです」と将来の希望を語った。

瀬谷区版のトップニュース最新6

障がい問わずサッカーを

バンデリージャ横浜

障がい問わずサッカーを 社会

「共に子育てをする思い」

4月2日号

水道料金値上げへ

横浜市

水道料金値上げへ 経済

来春、10〜12%増見込み

4月2日号

ハマ弁を中学校「給食」へ

横浜市

ハマ弁を中学校「給食」へ 教育

21年度の開始を視野に

3月26日号

拡張エリア、4月に開園

瀬谷本郷公園

拡張エリア、4月に開園 社会

遊具や広場を整備

3月26日号

街の記録誌、一冊に

せや・ガイドの会

街の記録誌、一冊に 文化

18年間の情報まとめる

3月19日号

2区1カ所に拡充へ

認知症疾患医療センター

2区1カ所に拡充へ 社会

当初予算案に盛り込む

3月19日号

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 4月2日0:00更新

  • 3月26日0:00更新

  • 3月19日0:00更新

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年4月2日号

お問い合わせ

外部リンク