瀬谷区版 掲載号:2020年2月27日号 エリアトップへ

旧上瀬谷通信施設 市郊外部の活性化拠点へ テーマパークなど計画

社会

掲載号:2020年2月27日号

  • LINE
  • hatena
素案で示された土地利用ゾーン案
素案で示された土地利用ゾーン案

 瀬谷区と旭区にまたがり、約242ヘクタールと広大な「旧上瀬谷通信施設」。戦後に米軍に接収された同施設は、2015年6月30日に返還された。国有地や民有地が混在する跡地では現在、地権者や行政などによって土地利用基本計画の策定が進む。広大な跡地がどのように開発されるのか、大きな注目を集めている。

 横浜市が昨年12月に発表した「旧上瀬谷通信施設土地利用基本計画」(素案)によると、街づくりのテーマは「〜みらいまで広げるヒト・モノ・コトの行き交うまち〜」で、跡地を郊外部の新たな活性化拠点と位置付けている。

 土地活用については、農産物の収穫体験や農業技術の研究などを行う「農業振興ゾーン」(約50ヘクタール)、国際園芸博覧会のレガシーを継承した公園や広域防災拠点をつくる「公園・防災ゾーン」(同)、東名高速道路や保土ケ谷バイパスと近い立地を活かし物流拠点を目指す「物流ゾーン」(約15ヘクタール)を検討中。広さ約125ヘクタールと最も広い「観光・賑わいゾーン」では、テーマパークを核とした複合的な集客施設が計画されている。

 市では素案について1月から2月中旬にかけて、市民向け説明会と意見募集を実施した。2019年度中には基本計画を策定する予定だ。

新たな交通も

 跡地利用や国際園芸博覧会の招致に合わせて、瀬谷駅周辺からの「新たな交通」も導入が見込まれている。市の「計画段階配慮書」によると、検討されているのは都市鉄道と路面電車の中間の輸送力を持つ「中量軌道輸送システム」の整備だ。相鉄線瀬谷駅近くの(仮称)瀬谷駅から瀬谷町の(仮称)上瀬谷駅までを結び、車両基地も設けるという計画。構造はエリアに応じて地下や高架式、地表式が検討されており、環境への影響や経済性を踏まえて最終的に決められる。現段階の事業期間の見通しは、22年度から5年程度。

妙法院の永代供養墓 

三ツ境駅からバス約5分。緑豊かで静謐・荘厳な永久納骨廟は20万円~。

http://www.myo-ho-in.com/

3/13家族葬一般葬の相談会

費用・内容などさまざまな疑問や不安にお答えいたします。

http://www.sougi-itabashi.co.jp

<PR>

瀬谷区版のローカルニュース最新6

瀬谷駅北口で献血活動

横浜瀬谷LC

瀬谷駅北口で献血活動 社会

56人が協力

4月2日号

長尾さん(五貫目町)が新人賞

文化庁芸術選奨

長尾さん(五貫目町)が新人賞 教育

おわら風の盆の単著で

4月2日号

地域住民が花壇を一新

地域住民が花壇を一新 社会

南瀬谷小前のロータリー

4月2日号

せやまるがお出迎え

せやまるがお出迎え 社会

区庁舎入口近くに銅像

4月2日号

南口にタクシー乗り場

三ツ境駅

南口にタクシー乗り場 社会

二重交通が新設

3月26日号

献血協力を呼びかけ

日赤

献血協力を呼びかけ 社会

新型肺炎、影響で減少

3月26日号

あっとほーむデスク

  • 4月2日0:00更新

  • 3月26日0:00更新

  • 3月19日0:00更新

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年4月2日号

お問い合わせ

外部リンク