瀬谷区版 掲載号:2020年3月19日号 エリアトップへ

せや・ガイドの会 街の記録誌、一冊に 18年間の情報まとめる

文化

掲載号:2020年3月19日号

  • LINE
  • hatena
冊子を多くの人に読んで欲しいと竹見会長
冊子を多くの人に読んで欲しいと竹見会長

 名所の案内ツアーなどを開く「せや・ガイドの会」(竹見修二会長)がこのほど、2001年から編集・発行する記録誌「わがまち瀬谷」をまとめた冊子を制作した。区内の名所旧跡や花々、施設や区民サークルなどを紹介した一冊で、竹見会長は「価値ある記録。多くの人に見てもらえれば」と呼びかける。

歴史・植物・団体など紹介

 せや・ガイドの会は、瀬谷区の生涯学習学級を前身とする区民団体「わがまち瀬谷」と「瀬谷探訪の会」が、2008年に統合・名称変更して発足した。現在は15人が所属し、地元や周辺エリアを巡るガイドツアーなどを通じ、歴史や文化の魅力を発信している。

 記録誌「わがまち瀬谷」は、まだ生涯学習学級だった2001年3月に創刊。時とともに移ろう街の行事や暮らし、伝統、街並みなどを記録し、次世代に語り継ぐために始まった。当初は不定期だったが、第7号から季刊発行に移行。原則A4版両面の2ページ構成で、歴史や文化に加えて季節の花、農産物、区内で活動するサークル、小学校や中学校など幅広いジャンルの情報を記載している点が特徴だ。また、写真も多く、読みやすい仕立てになっている。10年弱前に同会に入ったという竹見会長は「先輩方が自ら歩いて写真撮影しインタビューした、価値ある記録だと思います」と説明する。

 冊子は、記録誌をまとめ読みしたいという要望があったことや、昨年の区制施行50周年などを受けて企画。第1号から、19年4月に発行した第65号までをまとめた。A4版フルカラーで、約180ページ。約250部を作成し、同会が定期開催しているガイドツアーなどで500円(税込)で販売する予定だ。また、区内の小中学校や公共施設に置いてもらえるよう働きかけるという。

 季刊発行だった記録誌は今後、原則年2回で制作していく予定。ガイドツアーの開催日などは同会ホームページ、または竹見会長【携帯電話】090・3900・6469。

会員が取材・編集した手作りの記録誌
会員が取材・編集した手作りの記録誌

せやまるファミリーとかくれんぼ

商店街に隠れた「せやまるファミリー」を探して、豪華賞品をゲット!

https://www.city.yokohama.lg.jp/seya/kurashi/kyodo_manabi/kyodo_shien/shinko/gogowalkrally2022.html

<PR>

瀬谷区版のトップニュース最新6

市が基本計画案まとめる

上瀬谷の桜名所づくり

市が基本計画案まとめる 社会

8月末まで意見募集

8月18日号

隼人高校 全国を初制覇

女子硬式野球

隼人高校 全国を初制覇 スポーツ

合言葉は「先生を甲子園に」

8月18日号

女子中学生の継続後押し

横浜サッカー協会

女子中学生の継続後押し スポーツ

リーグ2年目 人口底上げへ

8月11日号

いずみ野小と統合へ

阿久和小

いずみ野小と統合へ 教育

規模適正化で24年度に

8月11日号

7月中旬から急増

瀬谷消防救急出場

7月中旬から急増 社会

感染拡大の影響色濃く

8月4日号

好きな一文をクイズに

読書謎解きイベント

好きな一文をクイズに 文化

区、応募を呼びかけ

8月4日号

横浜市臨時特別給付金のお知らせ

住民税非課税世帯や新型コロナウイルス感染症の影響で家計が急変した世帯が対象

https://www.city.yokohama.lg.jp/kurashi/sumai-kurashi/hikazeikyufu/hikazeikyufu.html

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月10日0:00更新

  • 2月3日0:00更新

  • 1月20日0:00更新

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年8月18日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook