瀬谷区版 掲載号:2020年6月25日号 エリアトップへ

障がい者福祉通所施設 自主製品の「カタログ」作成 コロナ禍の販路開拓狙う

社会

掲載号:2020年6月25日号

  • LINE
  • hatena
注文書を持つ望月さん(左)と入間田さん
注文書を持つ望月さん(左)と入間田さん

 障がい者通所施設のスタッフで構成される、瀬谷区障害者地域自立支援協議会の「日中活動支援部会」がこのほど、利用者が手作りした自主製品の「カタログ」を、瀬谷区役所や区社会福祉協議会、地域ケアプラザの職員向けに作成・配布した。新型コロナウイルス感染症の影響で、販売機会が限られるなか始まった新しい試みだ。

 部会長の望月孝敏さんによると、部会には22事業所が加盟。障がいのある人が就労や社会交流を目的に作った日用品や食料など「自主製品」の販売促進や、障がい福祉の啓発などに努めている。自主製品は、売り上げが利用者の工賃になるだけでなく、製作を通じて個性を育んだり、購入者との触れ合いによって仕事に対する達成感を得たりと様々なメリットがあり、同部会では駅などでの展示即売会や委託販売などを行っている。

 しかし、新型コロナの影響で即売会が開けなくなり、また、各事業所が出店する地域行事なども中止が相次ぎ、自主製品の販売機会が少なくなっていた。そうしたなか、望月さんが働くNPO法人がケアプラザなど向けにチラシを作り、ファクスで注文を受け付けたところ好評で、部会でも導入することになったという。

行政や社協職員向けに

 今回の試みには現在、「せや活動ホーム太陽」「せや福祉ホーム」「ベンチ」「ステーション」「飛行船」「ぱんの木」「どんぐりビレッジ(まちふく)」の7事業所が掲載。各事業所の自主製品のチラシがファイリングされて1冊の「カタログ兼注文書」になっており、区役所と区社協、5カ所の地域ケアプラザの職員向けに配布された。購入希望をファクスで受け付け、商品を各施設に届けるなどする。今後、高齢者福祉施設に配布する計画もあるという。

 取り組みをサポートした区高齢・障害支援課の入間田(いるまた)浩子さんは「ゆっくり商品を見ることができるので、顧客の開拓につながるのでは。各事業所を知る良いきっかけにもなっています」と話す。望月さんは「コロナの影響が落ち着いてきたとしても、今回の取り組みは続けていく。今後は、一般の方に知ってもらう方法を模索していきたい」と展望を語った。

瀬谷区版のローカルニュース最新6

11月にふるさとウォーク

11月にふるさとウォーク スポーツ

主催者が参加者募る

10月22日号

保育の方向性を共有

保育の方向性を共有 教育

大学教授が講演

10月22日号

事業者にステッカー

事業者にステッカー 経済

市、感染予防策後押し

10月22日号

本郷公園でピラティス

不妊治療の支援へ意欲

三原副大臣ら

不妊治療の支援へ意欲 政治

市内クリニックを視察

10月22日号

長年続く大門小の凧揚げ

【Web限定記事】プレイバック瀬谷㉖

長年続く大門小の凧揚げ 社会

17年5月を振り返る

10月22日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月22日0:00更新

  • 10月15日0:00更新

  • 10月8日0:00更新

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年10月22日号

お問い合わせ

外部リンク