瀬谷区版 掲載号:2020年7月2日号 エリアトップへ

横浜市 医療体制拡充に56億円 コロナ第2、3波に備え

政治

掲載号:2020年7月2日号

  • LINE
  • hatena

 横浜市は開会中の市会定例会に新型コロナウイルスに対応するため総額187億円規模の補正予算案を上程している。流行の第2、3波に備え、医療提供体制を整備するほか、経済対策などに関する事業に関する予算が盛り込まれている。

 市内では2月18日に最初の陽性患者が確認されて以来、6月23日時点で568人の陽性患者が確認されている。36人の陽性患者が確認された4月11日をピークに減少傾向に転じ、現在はある程度落ち着いた状況にあるが流行の第2、3波への備えは急務。今回の補正予算案では次の流行期に備え医療提供体制の拡充に関する34事業に対し約55億7千万円(うち一般財源30億5千万円)を計上した。

PCR200カ所で

 現在、市内7カ所で実施されているドライブスルー方式のPCR簡易検体採取所を14カ所に拡充し、来年3月までに最大7200件程度の検査ができる体制を整える。

 また診療所などにおける院内感染防止に必要な設備の整備などに係る費用を100万円を上限に助成。簡易検体採取所を含め200ほどの医療機関でPCR検査が受けられるようになる。

検査費実質無料に

 PCRの検査費用に関しては自己負担額(最大5850円)を助成するほか、PCR検査よりも短時間で結果が判明する抗原検査にかかる費用も自己負担分(最大2232円)を助成。それぞれ実質的に無料で検査が受けられるようになる。

往診でも対応

 さらに診療所の医師が往診し検体を採取する体制も整備する方針。PCR検査が必要と診断を受けたものの、要介護状態にあるなどの理由で簡易検体採取所などへ行くことが難しい場合でも検査が可能となる。

 市健康福祉局では「議会採決後、身近な診療所などでも検査が受けられるよう整備していく。できるだけ早く対応していきたい」と話している。

瀬谷区版のトップニュース最新6

高齢世帯に住警器

瀬谷消防火災予防協会

高齢世帯に住警器 社会

民間の寄付受け300個

9月23日号

規模縮小しオンラインへ

せや元気フェア

規模縮小しオンラインへ 社会

参加団体の紹介動画公開

9月23日号

初の区民オペラに挑戦

“音楽のまちSEYA”実行委員会

初の区民オペラに挑戦 文化

「日本生まれの歌劇発信」

9月16日号

生理の貧困 支援の動き

横浜市

生理の貧困 支援の動き 社会

官民連携で無償配布

9月16日号

桃色ドロシーがデビュー

瀬谷西高校出身バンド

桃色ドロシーがデビュー 文化

CFで母校と共演ライブ

9月9日号

「停滞、閉塞感打破したい」

「停滞、閉塞感打破したい」 政治

山中新市長に聞く

9月9日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月23日0:00更新

  • 9月16日0:00更新

  • 9月9日0:00更新

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

横浜エクセレンス観戦チケットプレゼント

WEB限定記事

横浜エクセレンス観戦チケットプレゼント

10月2日、横浜武道館

10月1日~10月2日

瀬谷区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年9月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook