瀬谷区版 掲載号:2020年7月30日号 エリアトップへ

横浜武道の拠点完成 式典と演武で祝う

スポーツ

掲載号:2020年7月30日号

  • LINE
  • hatena
中区の高校跡地に開館した武道館
中区の高校跡地に開館した武道館

 中区の横浜総合高校跡地に整備が進められ、市の公共施設で初めて本格的な武道場を備える「横浜武道館」が7月24日に開館。18日には式典と合同演武会が開かれた。

 市内には県立武道館が港北区にあるが、本格的な武道場を備える市の施設が無く、武道10団体で構成される横浜市武道連絡協議会や、超党派の議員による横浜市会武道振興議員連盟などが建設運動を進めてきた。

 完成した武道館は地上4階建で延べ床面積は約1万5千平方メートル。1階に武道場・多目的室、2階はアリーナ。3・4階は吹き抜けで、本部室やラウンジがある。9月に閉館する横浜文化体育館(文体)建替えと一体で整備され、文体がメインアリーナ、武道館がサブアリーナに位置付けられている。文体は2024年に開館予定。

 式典には林文子市長や市会の横山正人議長、横浜商工会議所の野並直文副会頭、市やスポーツ協会関係者など約380人が参加。五輪3連覇を成し遂げた柔道家の野村忠宏さんが演武を披露し、開館を華々しく祝った。林市長は「武道館の設置は関係者をはじめ私たちの悲願だった」と振り返り、今後の活用に期待を寄せた。また、災害時の帰宅困難者の受け入れ施設としての機能も紹介していた。

 合同演武会は同協議会が組織した運営委員会が主管し、1999年から続けられているもの。22回目となったこの日は、子どもから高齢者まで幅広い世代が規律ある演武を披露して、集まった関係者らを大いに沸かせていた。

 同協議会会長で演武会運営委員会委員長の小川肇さん(下瀬谷)は冒頭のあいさつで、「(これからの)私たちの使命は重い。理智心と慈悲心を兼ね備えた人を作り、武道10団体の力を合わせて横浜市の発展を進めていきたい」と意気込んだ。

瀬谷区版のローカルニュース最新6

横浜市民大会で団体優勝

瀬谷区剣道連盟

横浜市民大会で団体優勝 スポーツ

マスターズの部

7月22日号

「疲れによる事故に注意」

「疲れによる事故に注意」 社会

三ツ境駅で交通安全啓発

7月22日号

瀬谷の小麦が缶ビールに

岩崎農園

瀬谷の小麦が缶ビールに 社会

横浜ウィートが発売

7月22日号

木の枝で鳥笛を作ろう

木の枝で鳥笛を作ろう 社会

8月に瀬谷図書館で

7月22日号

2021 横浜市長選

2021 横浜市長選 政治

情報は7月16日時点

7月22日号

認知症ラインアプリ完成

認知症ラインアプリ完成 社会

市とNPO、ドコモが連携

7月22日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月22日0:00更新

  • 7月15日0:00更新

  • 7月8日0:00更新

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年7月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter