瀬谷区版 掲載号:2020年8月20日号 エリアトップへ

瀬谷消防署 高齢者宅で防災呼びかけ 火災や怪我予防を助言

社会

掲載号:2020年8月20日号

  • LINE
  • hatena
住宅用火災警報器を点検する消防職員
住宅用火災警報器を点検する消防職員

 高齢者に火災や怪我の予防を促そうと、瀬谷消防署(西川浩二署長)が今月から、75歳以上の人口構成比率が高い地域を対象とした防災訪問を始めた。職員が家を訪問して、住宅用火災警報器の点検や、家での転倒事故防止などを呼びかけていく。

 瀬谷消防署によると、横浜市では2019年に住宅火災で13人(放火自殺のぞく)が亡くなり、65歳以上が10人(約77%)で、そのうち75歳以上は5人だった。また、救急搬送された18万2646人のうち、65歳以上が約56%を占め、前年度から8000人以上増加。高齢者が関わる火災や事故の防止は大きな課題だった。

 防災訪問は、職員証を携帯した職員が火災や怪我が懸念される個所を確認して、助言するもの。同消防署では14年から、地域や住民の要請を受けて続けてきた。20年度は瀬谷区連合町内会自治会連絡協議会や自治会町内会の協力のもと、75歳以上の構成比率が高い5地区を優先的に啓発。訪問を希望する高齢者宅で、アドバイスを行うことになった。

警報器や配線チェック

 8月7日は、75歳以上の人口構成比が区内で最も高い東野台地区の上楽老峰自治会を、消防職員や自治会長が回った。職員は火災予防について、こんろや配線器具の利用状況を確認するとともに、放火対策として家の周囲に燃えやすい物を置かないことや、指定日の朝にゴミ出しするようアドバイス。住宅用火災警報器の寿命や設置場所もチェックし、部屋や階段の天井など煙が溜まりやすい場所に設けたほうが良いなどと指摘した。また、怪我予防としては、転倒しないよう床に物を置きすぎないよう注意を促した。

 同自治会の白土征男会長は「地域の高齢者をどのようにサポートするかは、今後の大きな課題。自助と共助の体制づくりを進めていきたい」とコメント。訪問をうけた佐藤則子さんは「火災警報器の点検方法や消火器の使い方などを、丁寧に教えてくれたので助かりました」と話した。

 同消防署では、今年度中に5地区を回る予定。また、「火災や怪我の心配がある人はお気軽にご相談下さい。職員が訪問してアドバイスします」と呼びかけている。

瀬谷区版のトップニュース最新6

フレックス制を導入

横浜市教職員

フレックス制を導入 社会

働き方改革の一環で

4月15日号

全柔連から表彰

柔道場善道館

全柔連から表彰 スポーツ

子どもへの普及に尽力

4月15日号

2年ぶりの開催へ

瀬谷オープンガーデン

2年ぶりの開催へ 社会

区HPで会場紹介も

4月8日号

IC化で利用実態把握へ

横浜市敬老パス

IC化で利用実態把握へ 社会

制度適正化へ一歩

4月8日号

障がい者の読書推進へ

瀬谷区

障がい者の読書推進へ 社会

LLブックなどを貸出

4月1日号

3年間の集大成で県2位

SIF

3年間の集大成で県2位 スポーツ

強豪揃う大会で快進撃

4月1日号

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

公明党横浜市議団

いよいよ本日、4月8日から横浜の中学校給食がスタート!

https://www.k-kubo.yokohama/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月15日0:00更新

  • 4月8日0:00更新

  • 4月1日0:00更新

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter