瀬谷区版 掲載号:2020年9月10日号 エリアトップへ

にじの家 「医ケア児の親に就労を」 情報交換や交流の場も

社会

掲載号:2020年9月10日号

  • LINE
  • hatena
発注書を基に診療材料の納品準備をする
発注書を基に診療材料の納品準備をする

 瀬谷区中央にある一般社団法人にじの家では、医療的ケア児・者などの母親たちが吸引チューブや注入器などの診療材料の納品準備や区内外のクリニックへの配達を担う。子どもの容体がいつ変化するか分からず、働くことが難しい母親たちの就労の場で、情報交換や交流をする場所としても機能している。

 医療的ケア児・者は心身の機能に障害があり、呼吸や栄養摂取などの際に医療機器やケアを必要とする人たちのこと。医療的ケア児・者の訪問診療を行うせや在宅クリニックの院長で同法人設立発起人の大村在幸さんによると、親は子どもの体調によっては、つきっきりで看病することもあり定期的に働くことが難しいという。また、訪問診療では吸引チューブなどを定期的に提供するため、診療所では準備や管理が大変ということもあり、診療材料の納品準備などを担う同法人を2018年に設立。同クリニックの患者の母親約10人がパートで働いている。

 業務内容は各クリニックの注文から発注書を作成し、それをもとに診療材料の納品準備を進める。現在は新型コロナ感染症拡大防止のため中止となっているが週2回は情報交換や交流を深めるランチ会を開いている。

いきいきと働けるように

 大村さんは「診療材料は約500種類あるため、普段から身近に使っているお母様方にお願いしている」とし、同じ境遇のお母様方の交流をはじめ、やりがいを見つけながら、いきいきと働ける場を提供できれば」と思いを語る。

 ここで働く樫村正子さんは「同じ境遇だからこそ、お互いが思いやりをもって働くことができる」と話す。久保田和子さんは「また働けるとは思わなかったし、子どものこと以外で自分にもできることがあるとは思わなかった」と振り返る。「診療材料があれば助かる人がいる。その助けに少しでもなれたら嬉しい」と語った。

瀬谷区版のローカルニュース最新6

秋の落語楽しむ

秋の落語楽しむ 文化

長屋門公園

10月1日号

瀬谷駅で献血活動

瀬谷駅で献血活動 社会

無料のおもちゃすくいも

10月1日号

コロナ禍で神事のみ実施

熊野神社

コロナ禍で神事のみ実施 文化

「地域の行事を継続」

10月1日号

「思いやりの心で運転を」

「思いやりの心で運転を」 社会

警察や関係団体が啓発

10月1日号

170店舗の大型施設

ゆめが丘

170店舗の大型施設 社会

 相鉄グループが事業者に

10月1日号

「愉快な仲間が笑わせます」

チャリティ演芸会

「愉快な仲間が笑わせます」 文化

勝建設、公会堂で10日に

10月1日号

スポーツクラブNAS瀬谷

瀬谷駅徒歩2分。自然の風が入る眺望抜群のジムです。運動以外のアイテムも充実!

https://www.nas-club.co.jp/seya

暮らしとスポーツを支える

イシケンスポーツ瀬谷店☎045-301-6044

http://ishiken-sp.com/wp/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 10月1日0:00更新

  • 9月24日0:00更新

  • 9月17日0:00更新

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 地名で読み解く瀬谷の埋もれた歴史

    〜『瀬谷区の歴史地名ガイドマップ』をもとに〜 連載

    地名で読み解く瀬谷の埋もれた歴史

    第6回 地形から見た瀬谷の地名と村の様子(その1)文/横浜・瀬谷地図くらぶ 田中常義

    9月24日号

瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年10月1日号

お問い合わせ

外部リンク