瀬谷区版 掲載号:2020年9月17日号 エリアトップへ

子の健康願うストラップ 浅野さんが手作り

文化

掲載号:2020年9月17日号

  • LINE
  • hatena
ストラップを手にする浅野さん
ストラップを手にする浅野さん

 「子どもたちが患うことが無いように」--。南台在住の浅野幸江さんは、落葉高木の一種であるムクロジの種を使ったストラップ作りに取り組んでいる。

 ムクロジは漢字で「無患子」と書くことから、子どもが病気を患わず健康に育つことを願う縁起物とされる。実の大きさは1〜2cmで、皮をむくと黒々した種が現れる。

 ストラップを作り始めたのは、およそ3年前。所属する「緑地保全地区を核にしたホタルの里山づくり実行委員会」が整備している緑地にムクロジがあり、落ちた種の活用を思いついたという。ムクロジの黒色を引き立てる、赤色や青色のビーズなどと組み合わせ、色鮮やかに仕上げた。完成品は行事などで1個500円ほどで販売。「縁起物のムクロジを多くの人に知って欲しくて。『こんなに綺麗な玉があるんですか』と驚く人も多いです」と目を細める。

自然保護の視点も

 地区センターやコミュニティ・スクールで、水墨画教室を開く浅野さん。同委員会のほか、荒廃竹林の整備や環境学習支援を行う「NPO法人楽竹会」にも所属。緑地再生のイメージ像を水墨画で表現するなど、その技術を生かして自然保護に取り組む。ムクロジのストラップについても、「地元でとれた種を使っているから意味があるんですよね」と話す。

 ムクロジがある緑地は近年、台風などによる倒木が多く、今年は種の量が少なくなる見込み。「目標だとか大きな事は考えていませんが、緑地が綺麗になって少しでも(ストラップを)作れれば」と話していた。ストラップの問い合せは同会の奈良部さん【携帯電話】090・4924・1827。

黒い種を活用して作成
黒い種を活用して作成

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

公明党横浜市議団

いよいよ本日、4月8日から横浜の中学校給食がスタート!

https://www.k-kubo.yokohama/

<PR>

瀬谷区版のローカルニュース最新6

藤村氏が出馬表明

横浜市長選

藤村氏が出馬表明 政治

IR誘致の市政批判

4月8日号

港巡り歴史学ぶ

せや・ガイドの会

港巡り歴史学ぶ 文化

17日に散策行事

4月8日号

区民の定住意向7割超

市民意識調査

区民の定住意向7割超 社会

市全体を上回る

4月8日号

知的財産活用し企業支援

横浜銀行

知的財産活用し企業支援 経済

テレ東関連会社と協業で

4月8日号

住・商の平均価格が下落

区内地価

住・商の平均価格が下落 社会

工業地は上昇

4月8日号

日本語ボラ、始めの一歩

日本語ボラ、始めの一歩 教育

区が入門講座

4月8日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月8日0:00更新

  • 4月1日0:00更新

  • 3月25日0:00更新

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年4月8日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク