瀬谷区版 掲載号:2020年9月24日号 エリアトップへ

区民文化センター 愛称は「あじさいプラザ」 公募201作品から選出

文化

掲載号:2020年9月24日号

  • LINE
  • hatena
「音楽多目的室」と「ギャラリー」のイメージ
「音楽多目的室」と「ギャラリー」のイメージ

 瀬谷駅南口の再開発施設内に設けられる瀬谷区民文化センターの愛称がこのほど、「あじさいプラザ」に決まった。区民から寄せられた201作品を、選考委員会が審査したもの。開館は2022年3月の予定。

 区地域振興課によると、愛称は4月から2カ月間募り、区内在住・在勤・在学者から201作品が集まった。区役所内での1次選考で絞った6作品について、地域の代表者や森秀毅区長で構成される選考委員会が審査。親しみやすく覚えやすい、瀬谷をイメージできるなどの基準に合っているかが検討され、「オナガの杜」(2位)や「あじさいスクエア」(3位)をおさえて、瀬谷区の花であるアジサイにちなんだ「あじさいプラザ」が選ばれた。

22年3月に開館予定

「あじさいプラザ」は、21年8月に竣工予定の瀬谷駅南口の再開発施設「ライブゲート瀬谷」の3、4階に整備される。市内11館目の区民文化センターで、22年3月にオープンする見通し。

 主な施設としては、可動型のいす148席を備え、音楽やダンスなどの発表会を開ける「音楽多目的室」、広さ約100平方メートルの「ギャラリー」(2室/一体利用も可能)など。音楽多目的室は、瀬谷公会堂の講堂と比べると客席数が少ない分、より小規模なイベントを行いやすいのが特徴だ。

 瀬谷駅南口第1地区市街地再開発組合の川口安徳理事長は愛称について、「穏やかで親しみやすく、区民文化センターの雰囲気にピッタリだと思います」と話した。

瀬谷区版のトップニュース最新6

かながわブランドに登録

横浜瀬谷うど

かながわブランドに登録 社会

跡地返還で栽培方法模索

4月22日号

本多選手(東野)、五輪へ

本多選手(東野)、五輪へ スポーツ

水泳日本選手権で優勝

4月22日号

フレックス制を導入

横浜市教職員

フレックス制を導入 社会

働き方改革の一環で

4月15日号

全柔連から表彰

柔道場善道館

全柔連から表彰 スポーツ

子どもへの普及に尽力

4月15日号

2年ぶりの開催へ

瀬谷オープンガーデン

2年ぶりの開催へ 社会

区HPで会場紹介も

4月8日号

IC化で利用実態把握へ

横浜市敬老パス

IC化で利用実態把握へ 社会

制度適正化へ一歩

4月8日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月22日0:00更新

  • 4月15日0:00更新

  • 4月8日0:00更新

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter