瀬谷区版 掲載号:2020年10月29日号 エリアトップへ

瀬谷公会堂 生まれ変わり10周年 利用者の満足度向上図る

社会

掲載号:2020年10月29日号

  • LINE
  • hatena
音響が特徴の講堂
音響が特徴の講堂

 区民の芸術文化行事や講演会など様々な催しが開かれている「瀬谷公会堂」が11月1日、リニューアル10周年を迎える。運営業務責任者の車秀徳さんは「利用者により満足してもらえるように、これからもスタッフ一同頑張りたい」と更なるサービス向上に意欲を見せている。

音響を重視

 瀬谷区総合庁舎の1・2階にある瀬谷公会堂。1971年に開館した旧公会堂の老朽化などにより、新総合庁舎の完成(2012年)に先行するかたちで、10年11月1日にリニューアル。およそ500人を収容可能な講堂、会議室や和室を備えた施設として生まれ変わった。

 車さんによると、現在の講堂の特徴が優れた音響だ。世界各地のコンサートホールを手掛ける(株)永田音響設計(東京都)が携わり、観客席の左右の壁に反響材が設けられているほか、天井も反響しやすい構造になっており、きれいな音色が響くという。公会堂では講演会や集会など様々な催しが行われているが、瀬谷は吹奏楽やカラオケ大会など音楽イベントが多く開かれてきた。

「生きたホールに」

 リニューアル以降、利用者は増加傾向にあり、19年度の講堂の稼働率は90%を超えていた。今年は新型コロナウイルス感染症の影響で3月から5月まで臨時休館。行事が全くない状態が続いていたが、6月から段階的に再開できるようになり、9月の講堂稼働率は約76%まで上がっている。

 17年から管理者を務める車さんは節目を迎え、「大勢の方にご利用いただいています」と感謝の気持ちを抱く。また、臨時休館中に「講堂は多くの人に利用されてこそ『生きる』と感じました」と説明し、「これからも『生きた』ホールになるよう取り組んでいきます」と語った。

運営業務責任者の車さん(右)とスタッフ
運営業務責任者の車さん(右)とスタッフ

瀬谷区版のトップニュース最新6

学校合奏コンで全国銀

南瀬谷中吹奏楽部

学校合奏コンで全国銀 文化

3チームそろい踏み

11月19日号

防護服500着を寄附

(株)竹虎(卸本町)

防護服500着を寄附 社会

救急隊員のコロナ対策に

11月19日号

「別れ」支える冊子発行

介護者支援団体

「別れ」支える冊子発行 社会

遺族向けに作成

11月12日号

全国推進組織が発足

全国推進組織が発足 社会

27年の国際園芸博に向け

11月12日号

瀬谷ゆかり2投手に指名

瀬谷ゆかり2投手に指名 スポーツ

プロ野球ドラフト会議

11月5日号

事業のオンライン化推進

市内ケアプラ等

事業のオンライン化推進 社会

全館にWi−Fi整備へ

11月5日号

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 11月19日0:00更新

  • 11月12日0:00更新

  • 11月5日0:00更新

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年11月19日号

お問い合わせ

外部リンク