神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
瀬谷区版 公開:2020年11月12日 エリアトップへ

介護者支援団体 「別れ」支える冊子発行 遺族向けに作成

社会

公開:2020年11月12日

  • LINE
  • hatena
冊子を手に持つあく手の会のメンバー
冊子を手に持つあく手の会のメンバー

 瀬谷区の医療・介護福祉事業所や在宅医療相談室など12団体で構成されている介護者支援団体「あく手の会」が、大切な人を亡くした人に向けてオリジナル冊子を作成・編集し、11月に発行した。3000部製作し、区役所や地域ケアプラザで配布されている。

 冊子はA5サイズのカラー版で、表紙を含む16ページ構成。「大切な人とのお別れのあとに」と題され、亡くなった直後や悲しみから立ち直ろうとする時期の心と体の変化、心の回復に向けて必要なことなどについて記載されている。表紙を含むすべての挿絵は、同会に所属する介護相談センターひとはなの武村景子さんが担当した。武村さんは「本文内容からインスピレーションを受け、重くなり過ぎず、優しい気持ちになれるように水彩色鉛筆で絵を描きました」と話す。

1人で抱えないで

 介護をしている人に寄り添い、支えることを目的に2016年に発足した同会。18年には、家族などを亡くした人がそれぞれの思いを話したり、聞く場を設けるなどの遺族支援にも注力しようと「詩音の会」を組織内で立ち上げた。年に1度はそれぞれの会の参加者が集う場として、合同の芋煮会を開いている。

 今年は新型コロナウイルス感染症の影響で集まることが出来ないため、コロナ禍でも形に残るものを作ろうと冊子製作に至ったという。あく手の会代表の渡邊匠さんは「ひとりで辛い気持ちを抱えず、誰かに話せる場があるということを知ってもらいたい。手に持ちやすいサイズなので、少しでも多くの方に読んでもらえたら」と語った。

 冊子や活動などについての問い合わせは、介護相談センターひとはな【電話】045・364・1084、または瀬谷区在宅医療相談室【電話】045・520・3122。

瀬谷区版のトップニュース最新6

公式マスコットが決定

国際園芸博覧会

公式マスコットが決定

自然の感情を伝える精霊

3月28日

地域店舗の活性化に一役

瀬谷小5年生

地域店舗の活性化に一役

独自メニューやレシピ本で

3月28日

新社殿、地域に披露

熊野神社

新社殿、地域に披露

催しも再開へ

3月21日

住宅の脱炭素化へ本腰

横浜市

住宅の脱炭素化へ本腰

補助や新制度で普及後押し

3月21日

新聞で商店街の魅力発信

区内小学生

新聞で商店街の魅力発信

こだわりや人柄掘り下げる

3月14日

避難所備蓄に不安も

災害時トイレ

避難所備蓄に不安も

携帯型、1日で尽きる恐れ

3月14日

瀬谷区役所から防災・減災に関するお知らせ

自宅が安全ならお家で避難が有効。自宅の安全を確保し、備蓄品を準備しましょう。下記動画もチェック。

https://www.city.yokohama.lg.jp/seya/kurashi/bosai_bohan/saigai/t20230904115015761.html

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 3月28日0:00更新

  • 3月14日0:00更新

  • 2月29日0:00更新

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

バックナンバー最新号:2024年3月28日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook