瀬谷区版 掲載号:2020年11月12日号 エリアトップへ

介護者支援団体 「別れ」支える冊子発行 遺族向けに作成

社会

掲載号:2020年11月12日号

  • LINE
  • hatena
冊子を手に持つあく手の会のメンバー
冊子を手に持つあく手の会のメンバー

 瀬谷区の医療・介護福祉事業所や在宅医療相談室など12団体で構成されている介護者支援団体「あく手の会」が、大切な人を亡くした人に向けてオリジナル冊子を作成・編集し、11月に発行した。3000部製作し、区役所や地域ケアプラザで配布されている。

 冊子はA5サイズのカラー版で、表紙を含む16ページ構成。「大切な人とのお別れのあとに」と題され、亡くなった直後や悲しみから立ち直ろうとする時期の心と体の変化、心の回復に向けて必要なことなどについて記載されている。表紙を含むすべての挿絵は、同会に所属する介護相談センターひとはなの武村景子さんが担当した。武村さんは「本文内容からインスピレーションを受け、重くなり過ぎず、優しい気持ちになれるように水彩色鉛筆で絵を描きました」と話す。

1人で抱えないで

 介護をしている人に寄り添い、支えることを目的に2016年に発足した同会。18年には、家族などを亡くした人がそれぞれの思いを話したり、聞く場を設けるなどの遺族支援にも注力しようと「詩音の会」を組織内で立ち上げた。年に1度はそれぞれの会の参加者が集う場として、合同の芋煮会を開いている。

 今年は新型コロナウイルス感染症の影響で集まることが出来ないため、コロナ禍でも形に残るものを作ろうと冊子製作に至ったという。あく手の会代表の渡邊匠さんは「ひとりで辛い気持ちを抱えず、誰かに話せる場があるということを知ってもらいたい。手に持ちやすいサイズなので、少しでも多くの方に読んでもらえたら」と語った。

 冊子や活動などについての問い合わせは、介護相談センターひとはな【電話】045・364・1084、または瀬谷区在宅医療相談室【電話】045・520・3122。

瀬谷区版のトップニュース最新6

自然生かした3エリアへ

旧上瀬谷通信施設の公園

自然生かした3エリアへ 社会

基本計画の原案まとまる

6月17日号

養育費確保に新制度

横浜市

養育費確保に新制度 社会

ひとり親を支援へ

6月17日号

瀬谷区、普及へ独自補助

感震ブレーカー

瀬谷区、普及へ独自補助 社会

地震時の電気火災防止へ

6月10日号

水道料金値上げへ

横浜市

水道料金値上げへ 社会

7月利用分から1割増

6月10日号

パラ競泳の代表に内定

日向楓選手(区内在住)

パラ競泳の代表に内定 スポーツ

国内大会で日本新連発

6月3日号

コロナで販路減り苦境に

横浜市内障害者施設

コロナで販路減り苦境に 社会

仲介組織が下支え

6月3日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月17日0:00更新

  • 6月10日0:00更新

  • 6月3日0:00更新

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年6月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter