瀬谷区版 掲載号:2020年11月19日号 エリアトップへ

南瀬谷中吹奏楽部 学校合奏コンで全国銀 3チームそろい踏み

文化

掲載号:2020年11月19日号

  • LINE
  • hatena
グランドコンテストとアンサンブルに参加した部員たち
グランドコンテストとアンサンブルに参加した部員たち

 南瀬谷中学校吹奏楽部がこのほど、「日本学校合奏コンクール2020」のグランドコンテストとソロ&アンサンブルコンテストの全国大会に出場し、3チームが銀賞を受賞した。同大会に出場するのは今回が初。

 児童や生徒の音楽性と演奏力を高め、豊かな人間性の育成を目的として開催されている同大会。大人数編成で出場するグランドコンテストと、ソロ及び少人数で出場するソロ&アンサンブルコンテストがあり、それぞれ小中高校の3部門に分かれている。

 今年は新型コロナウイルス感染症の影響で、録音音源による審査で予選から全国大会まで開催。中学の全国グランドコンテストは39校が出場し、金賞13校、銀賞18校、銅賞8校が表彰された。また、ソロ&アンサンブルの全国大会は11月8日に千葉県で行われ、中学アンサンブル部門では20校が出場。金賞6校、銀賞8校、銅賞5校が選ばれた。同校は2年生と3年生でグランドコンテスト、アンサンブルでは管楽器と打楽器の混合8重奏と7重奏の計3チームが出場し、それぞれ銀賞を獲得した。

「”音返(おんがえ)し”を」

 同部顧問の愛澤洋一教諭によると、コロナ禍で3月から約4カ月間練習ができなかったものの、部員たちは楽器を持ち帰り、演奏動画を部員同士で送り合うなど自主練に励んでいたという。今回の大会出場について愛澤教諭は「諦めずに練習を続ける部員たちに何かできることはないか模索していた」と語る。

 受験勉強しながら管打8重奏に参加した菅野葵さん(3年)は「メンバーとアイコンタクトをしながらの演奏が本当に楽しかったです」と本番を振り返る。2年生と混合の同7重奏で、後輩の指導にもあたっていた清田愛美さん(同)は「広い会場で音が広がっていく感覚がたまらなかった。2年生にも私たちの思いを継いでもらえると嬉しいです」と話す。

 12月にはアンサンブルコンテストの県大会に出場し、来年3月には保土ケ谷公会堂で定期演奏会を予定している同校。部長の今野美月さん(同)は「私たちのモットーは、音楽で感謝を伝える”音返(おんがえ)し”。様々な方に支えられてここまで来たので、最後まで思いっきり音返しをしたいです」と意気込んだ。
 

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

瀬谷区版のトップニュース最新6

地域の子育て支え10年

にこてらす

地域の子育て支え10年 社会

交流や情報発信担う

5月13日号

区内出身2選手を指定

ドリームアスリート

区内出身2選手を指定 スポーツ

パラリンピック目指す

5月13日号

個人宅も対象に

弁当配達せーやーいーつ

個人宅も対象に 社会

開始1年で新たな試み

5月7日号

瀬谷区で音楽を身近に

ミュージックスクエア

瀬谷区で音楽を身近に 文化

区民など行事立ち上げ

5月7日号

統合前にSDGs推進

瀬谷西高校

統合前にSDGs推進 教育

学習通じ地域に「恩返し」も

4月29日号

May J.さんに決定

横浜花博連絡協テーマソング

May J.さんに決定 社会

相鉄線3駅のBGMにも

4月29日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月13日0:00更新

  • 5月7日0:00更新

  • 4月29日0:00更新

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年5月13日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter