瀬谷区版 掲載号:2020年11月26日号 エリアトップへ

瀬谷小 創立130年をお祝い 児童中心に企画進め

社会

掲載号:2020年11月26日号

  • LINE
  • hatena
児童のカウントダウンに合わせて、一斉に風船を放った
児童のカウントダウンに合わせて、一斉に風船を放った

 瀬谷小学校(倉岡ナオミ校長)が11月15日に創立130年を迎え、記念Tシャツを着用した児童約640人が13日にお祝いした。6年生や5年生が所属する運営委員会や運動委員会などの各委員会が中心となり、企画を進めてきた。

 同校は1890年11月15日に、町村制の施行に伴い創立された。学校沿革誌によると、当時は職員室が1室、教室が3室、宿直室が1室あり、教職員は4人、児童数は139人だった。1965年には児童数が2454人と過去最多で、これまで約1万3000人が卒業している。

 当日は体育館での式典と校庭での記念集会が行れた。また、新型コロナの感染防止のため、両行事は児童と学校関係者で進められた。倉岡校長は「今回のために地域の方々から、ご寄附や温かい応援を沢山していただいた。式典などに参列いただけなかったのは心苦しかったが、子どもたちの心に残る行事となった。感謝申し上げたい」と話す。

 式典では記念講話やPTA会長の挨拶、特別合唱クラブの発表などが披露された。その後の集会では、航空写真を撮影。また、マリーゴールドの種を入れた袋とメッセージカードを添えた風船が子どもたち一人ひとりに渡され、一斉に空に放たれた。

「まだゴールじゃない」

 周年に向けては昨年から、当時の6年生と5年生の委員会が中心となり準備を進めてきたという。5年生から運営委員会として準備してきた委員長の平田瑞穂さん(6年)は「130周年をみんなで盛り上げたくて、去年の6年生の思いも引き継いでやってきました」とし、「式典や記念集会は終わりましたが、まだゴールじゃありません。まだまだ実現したいものがあるので、みんなで楽しいものにしていきたいです」と笑顔で意気込んだ。

瀬谷区版のトップニュース最新6

かながわブランドに登録

横浜瀬谷うど

かながわブランドに登録 社会

跡地返還で栽培方法模索

4月22日号

本多選手(東野)、五輪へ

本多選手(東野)、五輪へ スポーツ

水泳日本選手権で優勝

4月22日号

フレックス制を導入

横浜市教職員

フレックス制を導入 社会

働き方改革の一環で

4月15日号

全柔連から表彰

柔道場善道館

全柔連から表彰 スポーツ

子どもへの普及に尽力

4月15日号

2年ぶりの開催へ

瀬谷オープンガーデン

2年ぶりの開催へ 社会

区HPで会場紹介も

4月8日号

IC化で利用実態把握へ

横浜市敬老パス

IC化で利用実態把握へ 社会

制度適正化へ一歩

4月8日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月22日0:00更新

  • 4月15日0:00更新

  • 4月8日0:00更新

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter