瀬谷区版 掲載号:2021年2月18日号 エリアトップへ

【Web限定記事】瀬谷フェスティバル実行委員会 1051枚の写真で彩るモザイクアート 3月12日まで区民ホールで公開

コミュニティ社会

掲載号:2021年2月18日号

  • LINE
  • hatena
区民ホールで披露されているモザイクアート
区民ホールで披露されているモザイクアート

 せやまるなどのフォトモザイクアートが、瀬谷区役所2階区民ホールで3月12日(金)まで披露されている。瀬谷フェスティバル実行委員会(網代宗四郎委員長)と瀬谷区役所の主催。

 このモザイクアートは、新型コロナウイルス感染症の拡大防止で中止となった昨年の「瀬谷フェスティバル」の代替案として企画された。地域振興課によると、同委員会との話し合いの中でイベント中止に伴い、区民と想いを一つにする事業をしたいと声が上がり、モザイクアートの案がでたという。

 制作にあたっては、昨年10月から12月まで、区民や区内で活動する団体などから瀬谷フェスティバルや瀬谷区に対するメッセージと写真を募集。「自然とふれあえる瀬谷フェスが好き」「たすけあえる瀬谷が好き」などのメッセージを盛り込んだ総計1051枚の写真が寄せられた。

 完成したモザイクアートは、区の花である紫陽花やマスコットキャラクター「せやまる」をあしらったものや海軍道路の桜並木など多彩。A1サイズのデザイン3種が来庁者の目を楽しませている。網代委員長は「ご協力いただいた皆様に心から感謝しております。コロナ禍であっても知恵や工夫を凝らせば様々な取り組みができると感じた。今年の開催についてもしっかり検討していきたい」と話している。

 最終日は正午まで。作品は区ホームページ(下記リンク)からも閲覧可能。同課職員は「応募いただいた皆様の顔が見れる様になっているので、ぜひご覧いただければ」と呼びかけている。

https://www.city.yokohama.lg.jp/seya/kurashi/kyodo_manabi/kyodo_shien/kuminmatsuri/seyafes-art.html

瀬谷区版のトップニュース最新6

かながわブランドに登録

横浜瀬谷うど

かながわブランドに登録 社会

跡地返還で栽培方法模索

4月22日号

本多選手(東野)、五輪へ

本多選手(東野)、五輪へ スポーツ

水泳日本選手権で優勝

4月22日号

フレックス制を導入

横浜市教職員

フレックス制を導入 社会

働き方改革の一環で

4月15日号

全柔連から表彰

柔道場善道館

全柔連から表彰 スポーツ

子どもへの普及に尽力

4月15日号

2年ぶりの開催へ

瀬谷オープンガーデン

2年ぶりの開催へ 社会

区HPで会場紹介も

4月8日号

IC化で利用実態把握へ

横浜市敬老パス

IC化で利用実態把握へ 社会

制度適正化へ一歩

4月8日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月22日0:00更新

  • 4月15日0:00更新

  • 4月8日0:00更新

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter