瀬谷区版 掲載号:2021年3月25日号 エリアトップへ

国際園芸博覧会 手形アートで気運醸成 児童らが大輪の花表現

社会

掲載号:2021年3月25日号

  • LINE
  • hatena
瀬谷駅南口近くに掲示されている手形アート
瀬谷駅南口近くに掲示されている手形アート

 2027年に旧上瀬谷通信施設(瀬谷区、旭区)で開催予定の国際園芸博覧会に向けて気運を醸成する手形アートが3月15日、瀬谷駅南口近くに掲示された。両区の小学生と横浜市出身のアーティスト大辻紗羅さんが制作した作品で、4月30日まで駅前を彩る予定。

 制作したのは、上瀬谷小学校(瀬谷区)と上川井小学校(旭区)の児童560人。2月下旬から3月初旬にかけて大辻さんと一緒に創作し、手形で大輪を表現した。

 大辻さんによると、作品のコンセプトは「多様性のパレット」。27年の園芸博のテーマである「幸せを創る明日の風景」をイメージし、世界から多種多様な花や緑が集い、自然と共生した未来を表しているという。参加した上瀬谷小の細野詩羽(うたは)さん(5年)と岩崎莉美さん(6年)は、「楽しかったです。皆で押した手が(色々な人に)見られると思うとちょっと緊張した」「お花を育てたり見たりするのが好きなので、国際園芸博覧会でたくさんの花を見てみたい」とそれぞれコメントした。

 園芸博は27年3月〜9月に開催予定。市は90年に大阪府で開かれた園芸博と同程度の規模を目指しており、想定来場者は1500万人。

 手形アートは気運醸成を図るとともに、子どもたちに園芸博について知ってもらうことが目的。瀬谷駅南口の再開発ビルの工事現場の仮囲いに掲示されている。

大辻さんと創作する児童(提供写真)
大辻さんと創作する児童(提供写真)

きもの和五十鈴

5/1~5/5 ヘアセット・メイク体験会(通常1万2000円相当が無料)

http://kimonowaisuzu.com/

<PR>

瀬谷区版のトップニュース最新6

統合前にSDGs推進

瀬谷西高校

統合前にSDGs推進 教育

学習通じ地域に「恩返し」も

4月29日号

May J.さんに決定

横浜花博連絡協テーマソング

May J.さんに決定 社会

相鉄線3駅のBGMにも

4月29日号

かながわブランドに登録

横浜瀬谷うど

かながわブランドに登録 社会

跡地返還で栽培方法模索

4月22日号

本多選手(東野)、五輪へ

本多選手(東野)、五輪へ スポーツ

水泳日本選手権で優勝

4月22日号

フレックス制を導入

横浜市教職員

フレックス制を導入 社会

働き方改革の一環で

4月15日号

全柔連から表彰

柔道場善道館

全柔連から表彰 スポーツ

子どもへの普及に尽力

4月15日号

あっとほーむデスク

  • 4月29日0:00更新

  • 4月22日0:00更新

  • 4月15日0:00更新

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月29日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter