瀬谷区版 掲載号:2021年4月1日号 エリアトップへ

SIF 3年間の集大成で県2位 強豪揃う大会で快進撃

スポーツ

掲載号:2021年4月1日号

  • LINE
  • hatena
3年間の成果を発揮した選手たち※ジュニアサッカーWeeklyより写真提供
3年間の成果を発揮した選手たち※ジュニアサッカーWeeklyより写真提供

 瀬谷区を拠点に活動する「瀬谷インターナショナルフットボール」(SIF/土肥(どひ)賢太代表)が、15歳以下の神奈川県内の強豪クラブが競う「Growth(グロース) Cup Kanagawa U-15 2020」に出場。大会唯一の県U-15サッカーリーグ3部所属ながら快進撃を見せ、準優勝に輝いた。

 大会は、神奈川県や東京都などの育成年代の情報を発信する「ジュニアサッカーWeekly」の主催。新型コロナウイルス感染症の影響で思うようにサッカーができなかった中学3年生に、”本気で勝ちに行く機会”を提供しようと開かれた。県リーグ1部や2部に所属する強豪12チームが、2月中旬から3月21日にかけて予選リーグと決勝トーナメントを行い、優勝を争った。

「成長」を体現

 SIFは2014年に発足し、現在は5歳から中学生まで約350人が所属している。土肥代表によると、クラブのコンセプトは「成長し続ける」で、中学3年生は特にこのコンセプトを体現した世代だという。1年生の頃は県3部リーグ4位という成績だったが、県上位のクラブに勝つまでに成長した。

 今大会は守備の要であるDF・石田逢良(あいら)キャプテンや、両足でのシュートやヘディングを武器に今大会で初めてレギュラーになったというFW・木村飛祐(とます)選手を中心に県頂点を狙った。

メンタル強く

 SIFはSCHフットボールクラブ(泉区)との予選リーグ初戦を、木村選手のゴールで1対0と勝利。続くJFC FUTURO(同)との試合を1対1で引き分け、決勝トーナメントの切符を手にした。

 準決勝の相手は、港北区の大豆戸(まめど)FC。前半に先制点を許すも、後半に岡田夢月(むつき)選手のヘディングで同点に追いつく。さらに、途中出場の岡崎龍麿(たつま)選手のゴールで逆転すると、終了間際には石田キャプテンが追加点を決めて3対1で勝利した。大雨のなか行われたシュートJrユースFC(茅ヶ崎市)との決勝戦は0対1で惜敗した。

 石田キャプテンは大会について、「優勝できず悔しかったですが、メンバー全員が努力してチーム一丸となり取り組んだ結果が準優勝につながりました」と振り返った。土肥代表は準決勝での逆転劇について、「絶対に諦めないという意志と、この3年間で成長し続けてきたという自負心があったから」と、教え子たちのメンタルの強さが県2位に結びついたと称えた。
 

瀬谷区版のトップニュース最新6

個人宅も対象に

弁当配達せーやーいーつ

個人宅も対象に 社会

開始1年で新たな試み

5月7日号

瀬谷区で音楽を身近に

ミュージックスクエア

瀬谷区で音楽を身近に 文化

区民など行事立ち上げ

5月7日号

統合前にSDGs推進

瀬谷西高校

統合前にSDGs推進 教育

学習通じ地域に「恩返し」も

4月29日号

May J.さんに決定

横浜花博連絡協テーマソング

May J.さんに決定 社会

相鉄線3駅のBGMにも

4月29日号

かながわブランドに登録

横浜瀬谷うど

かながわブランドに登録 社会

跡地返還で栽培方法模索

4月22日号

本多選手(東野)、五輪へ

本多選手(東野)、五輪へ スポーツ

水泳日本選手権で優勝

4月22日号

きもの和五十鈴

5/1~5/5 ヘアセット・メイク体験会(通常1万2000円相当が無料)

http://kimonowaisuzu.com/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 5月7日0:00更新

  • 4月29日0:00更新

  • 4月22日0:00更新

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年5月7日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter