瀬谷区版 掲載号:2021年4月15日号 エリアトップへ

20年国勢調査 瀬谷区の人口、減少続く 市、独自集計の結果発表

社会

掲載号:2021年4月15日号

  • LINE
  • hatena

 2020年国勢調査の横浜市独自集計の結果(速報値)がこのほど発表され、瀬谷区の人口が15年からの5年間で1889人減少していることがわかった。区内の人口は10年の調査から減少が続いている。

 国勢調査の市の独自集計によると、20年10月1日現在の市の人口は377万8318人。世帯数は175万3389世帯で、人口・世帯数ともに過去最多となった。15年の前回調査に比べて人口は5万3474人、世帯数は10万7771世帯増えている。

 最多人口は港北区で35万8678人。最も少ないのは西区(10万4917人)だった。

 前回調査から人口が増えたのは12区で、港北区(1万4506人増)が最も多い。減少は瀬谷区を含めて6区。最も減ったのは金沢区(3196人減)だった。また、増加数を男女別にみると、女性(4万3519人増)は男性(9955人増)の約4倍。

世帯数は増加

 区内の人口は前回調査から1889人減の12万2671人で、18区中16番目だった。05年(12万7405人)と比べると、約4700人減っている。ただ、減少幅は10年〜15年(2353人減)から若干改善した。

 世帯数は18区で最少の5万2338世帯だったが、前回から1903世帯増えた。1世帯あたりの人員は2・34人で、都筑区(2・53人)と泉区(2・43人)に次いで3番目に多い。しかし、5年前(2・47人)からは減少しており、単身者世帯の増加や核家族化が進んだことが推測される。

 瀬谷区の人口は、区制施行(1969年)時点で7万1733人。そこから増加を続け、78年に10万人を突破した。91年からは12万人台で推移ししている。
 

きもの和五十鈴

5/1~5/5 ヘアセット・メイク体験会(通常1万2000円相当が無料)

http://kimonowaisuzu.com/

<PR>

瀬谷区版のローカルニュース最新6

植木新区長を表敬訪問

横浜FC

植木新区長を表敬訪問 スポーツ

昨年の取り組みなど語る

4月29日号

端末27万台、運用開始へ

GIGAスクール

端末27万台、運用開始へ 教育

学校現場ICT化へ一歩

4月29日号

「よこはまパレード」中止

「よこはまパレード」中止 文化

コロナの影響で2年連続

4月29日号

2年ぶりの鯉のぼり

相沢雨水調整池

2年ぶりの鯉のぼり 文化

区民らが100匹掲揚

4月29日号

新緑のこども自然公園

新緑のこども自然公園 社会

歴史ある「大池」を満喫

4月29日号

区民のたねダンゴ花開く

瀬谷本郷公園

区民のたねダンゴ花開く 社会

国際園芸博の機運醸成へ

4月29日号

あっとほーむデスク

  • 4月29日0:00更新

  • 4月22日0:00更新

  • 4月15日0:00更新

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月29日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter