瀬谷区版 掲載号:2021年4月22日号 エリアトップへ

横浜瀬谷うど かながわブランドに登録 跡地返還で栽培方法模索

社会

掲載号:2021年4月22日号

  • LINE
  • hatena
白さが特徴の横浜瀬谷うどを持つ青木組合長
白さが特徴の横浜瀬谷うどを持つ青木組合長

 県内の農林水産物や加工品が選ばれる「かながわブランド」にこのほど、「横浜瀬谷うど」が登録された。旧上瀬谷通信施設の地下室(むろ)でうどを育てることが出来なくなり、安定した品質と生産体制の構築を目指してきた農家らの取り組みが実を結んだ。

 かながわブランドは、県や農業協同組合などで構成される振興協議会による登録制度。県内生産品の優位性を保つため、生産・出荷基準を守り、一定の品質を確保している野菜や果実、花き・畜産品・加工品などが選ばれる。現在の登録数は、3月に仲間入りした「横浜瀬谷うど」など含めて70品目123品。

歴史ある名産品

 横浜瀬谷うど出荷組合(青木和昭組合長)が手がける横浜瀬谷うど。皮が柔らかく、香りの高さやシャキシャキとした食感が特徴だ。苦みやくせが少ないため生でも食べることができ、また、酢みそやごま和え、豚肉巻き、てんぷらなど様々な料理に使える。おおむね2月下旬から5月上旬がシーズンで、その日の収穫量にもよるが、海軍道路沿いにあるJA横浜の「ハマッ子」直売所瀬谷店(本郷2の32の10)などで購入できる。

 瀬谷のうどは、旧上瀬谷通信施設の地下にある室で半世紀にわたり作られてきた名産品。光量が少なく温度や湿度も安定していた地下栽培ならではの透き通るような白さや食感が人気だったが、基地返還に伴い17年6月に室が使えなくなった。

 生産者らは瀬谷のうどを存続させるため、地下室と同じ環境を再現する方法を模索してきた。手法は生産者によって異なる部分があるが、ビニールハウスの中に遮光資材で覆ったトンネルを作ったり、深さ30cmほどの地中に伏せたりと様々な工夫を凝らす。「地上は気候や天気の影響を直接受けるので苦労も多い」と青木組合長。温度や湿度をできるだけ一定に保つよう余念が無い。

 ブランド登録を受けて「今以上に安定して栽培できる体制を整えていきたい」と抱負を話した。

瀬谷区版のトップニュース最新6

個人宅も対象に

弁当配達せーやーいーつ

個人宅も対象に 社会

開始1年で新たな試み

5月7日号

瀬谷区で音楽を身近に

ミュージックスクエア

瀬谷区で音楽を身近に 文化

区民など行事立ち上げ

5月7日号

統合前にSDGs推進

瀬谷西高校

統合前にSDGs推進 教育

学習通じ地域に「恩返し」も

4月29日号

May J.さんに決定

横浜花博連絡協テーマソング

May J.さんに決定 社会

相鉄線3駅のBGMにも

4月29日号

かながわブランドに登録

横浜瀬谷うど

かながわブランドに登録 社会

跡地返還で栽培方法模索

4月22日号

本多選手(東野)、五輪へ

本多選手(東野)、五輪へ スポーツ

水泳日本選手権で優勝

4月22日号

きもの和五十鈴

5/1~5/5 ヘアセット・メイク体験会(通常1万2000円相当が無料)

http://kimonowaisuzu.com/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 5月7日0:00更新

  • 4月29日0:00更新

  • 4月22日0:00更新

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年5月7日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter