瀬谷区版 掲載号:2021年5月20日号 エリアトップへ

だれみな通信 「お家で健康づくりを」 地域ボラや企業らが発行

コミュニティ社会

掲載号:2021年5月20日号

  • LINE
  • hatena
だれみな通信を手に持つメンバーたち
だれみな通信を手に持つメンバーたち

 地域ボランティアや専門家、印刷会社、二ツ橋地域ケアプラザで構成されている「だれみなプロジェクト」がこのほど、自宅などで取り組める健康づくりの情報紙「だれみな通信」を発行した。4月から6月にかけて体の変化、体力づくり、口の健康、食事と栄養の4テーマについて発信している。

 だれみな通信は「だれもが、みなげんきに」がコンセプト。自宅でできるエクササイズや体の変化を確認するチェックリストなど、健康づくりについての情報が各号に盛り込まれている。

 両面カラー刷りで、同ケアプラザ職員は「読みやすく親しみやすさがでるように、表面にはオリジナルキャラクターが各テーマについて会話をしているようにしました」と特徴を話す。第3号まで発行されており、第4号は6月1日に発行。二ツ橋地域ケアプラザ(【電話】045・361・9807)で配布されており、同ケアプラザのホームページでも閲覧できる。

完成に手ごたえ感じ

 同プロジェクトは昨年9月に結成。メンバーは三ツ境・宮沢・瀬谷第四地区の保健活動推進員、瀬谷区ヘルスメイト、理学療法士、言語聴覚士、管理栄養士、(株)野毛印刷社(南区)、同ケアプラザの13人。新型コロナの影響により地域活動が停滞している中、新しい生活様式に沿った情報発信や健康づくりの普及活動、また、メンバー間の連携をより深くすることなどを目的に発足した。

 10月から掲載内容を検討してきたといい、デザインなどを担った野毛印刷社の江口聡さんは「最初から打ち合わせに参加させてもらい、読んでてポジティブになれるような内容の濃いものができました」と手ごたえを話す。

 区ヘルスメイトの秋山加津子さんと三ツ境保健活動推進員の小長井博さんは「日頃の講習会などで感じていることや積み重ねてきた知識を、いかに読者に伝わりやすくできるかメンバー全員で意識して作りました」「完成したものをみて、今後の活動にもいかせる良い情報紙ができました。地域の皆さんに製作の過程とあわせて紹介していきたい」と話した。

カラー印刷で4号まで発行される
カラー印刷で4号まで発行される

瀬谷区版のトップニュース最新6

広報誌、節目の100号

宮沢の森愛護会

広報誌、節目の100号 社会

発足27年で達成

7月22日号

市が環境アセス説明会

旧上瀬谷通信施設

市が環境アセス説明会 社会

区画整理と公園整備で

7月22日号

倒産件数、上半期は大幅減

倒産件数、上半期は大幅減 経済

特別融資、支援金が下支え

7月15日号

クイズで楽しく防災学習

瀬谷消防署火災予防協会

クイズで楽しく防災学習 教育

園児にパネル贈る

7月15日号

単独で挑む最後の夏

瀬谷西野球部

単独で挑む最後の夏 スポーツ

小川主将「恥じない戦いを」

7月8日号

浸水被害軽減へ整備進む

相沢第二雨水幹線

浸水被害軽減へ整備進む 社会

21年度末に全線供用へ

7月8日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月22日0:00更新

  • 7月15日0:00更新

  • 7月8日0:00更新

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年7月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter