瀬谷区版 掲載号:2021年6月17日号 エリアトップへ

旧上瀬谷通信施設の公園 自然生かした3エリアへ 基本計画の原案まとまる

社会

掲載号:2021年6月17日号

  • LINE
  • hatena
公園内のエリアと配置が検討されている主な施設※市の基本計画原案より
公園内のエリアと配置が検討されている主な施設※市の基本計画原案より

 土地利用が検討されている旧上瀬谷通信施設(瀬谷区、旭区)の公園に関する基本計画(原案)がこのほど策定された。市は上瀬谷の農景観や自然を生かした公園づくりを進める考えで、現段階では運動施設や体験農園、散策路などが設けられる計画となっている。

 旧上瀬谷通信施設は「観光・賑わい」「公園・防災」「物流」「農業振興」の4ゾーンに分けて整備が検討されている。公園は跡地内の南東方面に位置付けられ、広さは約45ヘクタール。瀬谷市民の森とも一部隣接する。市は昨年末に公園基本計画の素案を発表し、市民意見を募集。意見や関連事業の進捗を踏まえて原案を作成した。

 原案の基本テーマは「『みどり』で広がる暮らしの風景」。緑と共存する持続可能で多様なライフスタイルを、上瀬谷から実践・発信するとしている。

 8つの整備方針では「上瀬谷の『緑』と『水』を基調とした公園」が打ち出されており、市公園緑地整備課の職員は「豊かな自然が残る上瀬谷の風景を大事にしながら公園づくりを進めていきたい」と話す。また、2027年に予定されている国際園芸博覧会の跡地にできる記念公園として、SDGsの実現やカーボンニュートラル推進を目指すという。

 公園は現在の地形を生かしながら、3エリアに分けて整備される。「みどりの賑わい・レクリエーションエリア」の主な施設は硬式野球場や運動広場、ドッグラン、パークセンターなど。また、災害時の広域応援活動拠点としても機能するよう整備される。

 「みどりの発信エリア」は体験農園や学習、展示施設などを通じ、自然と暮らしが調和する持続可能なライフスタイルを発信。自然観察や環境学習などを行う「みどりの実践エリア」には森の散策路やアウトドア施設、日本庭園などが設けられる。いずれの計画も今後の検討状況で変更になる可能性がある。

全面開園は43年度頃か

 市は22年度に公園基本計画を策定し、23年度から1次整備を行い基盤を造っていく考え。2次整備の着手は、国際園芸博が終了した28年度以降になる。部分的な供用開始を経て、43年度頃に全面開園する予定。

 跡地全体は今後、区画整理事業で整備が進められていく予定となっている。同課の職員は「全体の街づくりと密接に連携を取りながら、公園の計画も進めていきたい」と展望を話している。

瀬谷区版のトップニュース最新6

柳沢姉妹がダブル受賞

市環境絵日記コンクール

柳沢姉妹がダブル受賞 社会

「自然や生き物を大切に」

11月25日号

上瀬谷新交通に参画せず

シーサイドライン

上瀬谷新交通に参画せず 社会

開業の見通し不透明に

11月25日号

原クラブが関東大会へ

小学生バレーボール

原クラブが関東大会へ スポーツ

「粘り強くボールつなぐ」

11月18日号

依存症対策の計画策定

横浜市

依存症対策の計画策定 社会

横の連携で早期支援へ

11月18日号

海軍道路を花で彩る

瀬谷西高校

海軍道路を花で彩る 教育

国際園芸博の機運醸成へ

11月11日号

IR推進費、11月清算へ

横浜市

IR推進費、11月清算へ 政治

8割執行見込も減額調整

11月11日号

チョコのシュトーレン販売中

三ツ境のまちパン屋・ベーカリーサザンヴィラでお待ちしています。

http://southern-villa.com/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 11月25日0:00更新

  • 11月18日0:00更新

  • 11月11日0:00更新

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年11月25日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook