瀬谷区版 掲載号:2021年7月22日号 エリアトップへ

横浜市 保育所半数で定員割れ ニーズの変化一因に

教育

掲載号:2021年7月22日号

  • LINE
  • hatena

 横浜市では待機児童対策として保育所の整備を進めてきたが、「定員割れ」が半数以上の園で発生していることが明らかになった。市はコロナ禍を背景にした保育ニーズの変化を一因とし、定員構成等の見直しを進めている。

 認可保育所など市内にある保育施設は、現在1146園。市は「待機児童ゼロ」を掲げ毎年新規園を開設し、昨年度は認可保育所等45園、1644人分を整備。この10年間で2万8091人分の受け皿を増やしてきた。

 4月1日現在の待機児童数は16人。共働きの増加などに伴う保育ニーズに応えて施設整備を進めてきたことにより、10年前より1千人近く待機児童が減少。保育園の利用児童数・申請者数は共に過去最多を更新した。

需要と供給のミスマッチも

 その一方、昨年から続くコロナ禍によって、認可保育所など886園のうち半数以上の475園で「定員割れ」が発生している=上表。市は感染症を心配した保護者の「申請控え」に加えて、リモートワークの導入や復職時期をコロナの状況を見て対応する企業が増えるなど、保育ニーズの変化から「育休延長の傾向が強まった」と推測。特に重点整備エリアとされてきた港北区や鶴見区で顕著に表れ、4月開所の小規模保育施設で「入所児童ゼロ」という事態も生じた。

 保育現場を受け持つ横浜市私立保育園こども園園長会は「今年はコロナの影響もあるが、年々定員割れをする園が増えている」と危機感を募らせる。また定員割れで空き枠が3千人以上ある中、希望園に入れず隠れ待機児童といわれる「保留児童」も1407人(育休延長希望者等除く)いることから、整備地域と保育ニーズとのミスマッチも指摘。同会の大庭良治会長は「保育所開設が進み、整備を見直す段階にきている」と提言。コロナ禍や少子化に対応した長期的な視点を持った適切な整備を求めた。

 市の担当者は、今年度から既存園で余裕のある0歳児を減らして需要の高い1歳児の定員を増やす場合に助成を行うなど、定員構成の見直しを進めており「既存園の活用を優先した整備を行っていく」と話している。

瀬谷区版のローカルニュース最新6

花や寺社巡る

せや・ガイドの会

花や寺社巡る 文化

14日に散策行事

5月12日号

14日と15日に瀬谷区文化祭

14日と15日に瀬谷区文化祭 文化

例年より前倒しに

5月12日号

端材でマイ箸作り

端材でマイ箸作り 社会

まんまが5月と6月に

5月12日号

園芸博協会に寄付金

キリンビバレッジ

園芸博協会に寄付金 社会

特別ラベルの生茶販売し

5月12日号

陸上大会の参加者募集

陸上大会の参加者募集 スポーツ

7月に三ツ沢で

5月12日号

加藤登紀子コンサート

加藤登紀子コンサート 文化

5月22日 クアーズテック秦野CH

5月12日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月10日0:00更新

  • 2月3日0:00更新

  • 1月20日0:00更新

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年5月12日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook