瀬谷区版 掲載号:2022年1月6日号 エリアトップへ

上瀬谷通信施設返還対策協議会 公園計画で市に要望書 「愛着持てる施設に」

社会

掲載号:2022年1月6日号

  • LINE
  • hatena
遠藤局長(写真右)に要望書を届けた(写真左から)澁谷副会長、奥津副会長、網代会長
遠藤局長(写真右)に要望書を届けた(写真左から)澁谷副会長、奥津副会長、網代会長

 旧上瀬谷通信施設の土地利用で計画されている公園に関連して、区内の地区連合町内会長で構成される「瀬谷区上瀬谷通信施設返還対策協議会」(網代宗四郎会長)が12月22日、横浜市に要望書を提出。区民アンケート調査に基づき、多様な施設や設備、誰もが利用しやすいデザインの採用などを求めた。

 (仮称)旧上瀬谷通信施設公園は跡地内の南東地区で計画されている。昨年5月に策定された基本計画(原案)によると、「『みどり』で広がる暮らしの風景」が基本テーマとなり、広さは約45ヘクタール。現段階では、スポーツやアウトドア活動を楽しめ、災害時の広域応援拠点にもなる「みどりの賑わい・レクリエーション」、自然や農体験などを行う「みどりの発信」、自然観察や環境学習に取り組める「みどりの実践」、この3エリアが上瀬谷の自然を生かしながら整備される予定となっている。

アンケート調査も

 同協議会は跡地利用や返還の課題を話し合い、区民の意見を関係機関に伝えるため2015年に設立。19年には土地利用に関する要望書を提出していた。

 今回は区内24校の小中高生と連合町内会・自治会、公園利用が想定される25団体にアンケート調査を実施。その結果は要望書にも添えられた。

 要望は各エリアで検討されている施設ごとにまとめられ、「賑わい・レクリエーション」では大規模イベントを開ける草地広場、四季の花が楽しめる大花壇、シンボルとなる桜並木などを記載。「発信」では区の自然や歴史を知れる展示や酪農体験などの施設、「実践」では車いす利用者や高齢者などが楽しめる散策路、日本文化を体験できる庭園などが盛り込まれた。また、全体的な部分として十分な駐車場の確保や、瀬谷駅と三ツ境駅からのバス運行を望む声などもあった。

 22日は同協議会の網代会長、奥津敏雄副会長と澁谷悦旦副会長が、市環境創造局の遠藤賢也局長に要望書を提出。また、瀬谷区の植木八千代区長も同席した。

 網代会長は「将来にわたり市民が愛着を持って快適に楽しく利用できる公園になって欲しい」と期待を寄せるとともに、子どもたちの意見に触れて「次代を担う世代の視点。重く受け止めて欲しい」と呼びかけた。遠藤局長は「(要望書を)真摯に受け止めて、地域に愛され、郊外部の拠点となれるよう検討していきます」と話した。

 市は22年度中に基本計画を策定する予定。

瀬谷区版のトップニュース最新6

活動報告をデジタル化

横浜市消防団

活動報告をデジタル化 社会

負担減へ一部先行導入

5月12日号

河川功労者表彰を受賞

二ツ橋水辺愛護会

河川功労者表彰を受賞 社会

20年以上の活動を評価

5月12日号

防犯カメラ12台設置

瀬谷銀座通り商店会

防犯カメラ12台設置 社会

治安維持や交通安全に

5月5日号

市が受入・定着を後押し

外国の介護人材

市が受入・定着を後押し 社会

事業所にセミナーと研修

5月5日号

県内唯一「表彰旗」を受章

瀬谷消防団

県内唯一「表彰旗」を受章 社会

全国でも22機関のみ

4月28日号

列車の位置情報を公開

市交通局

列車の位置情報を公開 社会

即時発信で利便性向上へ

4月28日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月10日0:00更新

  • 2月3日0:00更新

  • 1月20日0:00更新

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年5月12日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook