瀬谷区版 掲載号:2022年5月26日号 エリアトップへ

林直樹さん(三ツ境) 地元で初のコンサート “ファン”が開催実現に尽力

文化

掲載号:2022年5月26日号

  • LINE
  • hatena
三ツ境小と原中出身の林さん
三ツ境小と原中出身の林さん

 三ツ境在住のピアニスト林直樹さん(30)の初となる地元コンサートが5月27日(金)、瀬谷公会堂で開かれる。林さんと交流のある人々がファンクラブを結成して企画したもので、世話人の久保薗祐子さんは「子どもから高齢者まで多くの人に演奏を聴いて欲しい」と来場を呼びかけている。

 林さんは三ツ境小学校と原中学校の出身で、4歳でピアノを始めた。小学生の半ばから高校3年までは野球に打ち込み、引退後に音楽の道を志して昭和音楽大学へ。首席で卒業後、同大学院修士課程音楽芸術表現専攻を修了。今は同大学で講師を務めながら多数のオペラプロダクションに携わり、演奏活動も行う。

 「息子の同級生。ピアノの凄さは当時から評判でした」と久保薗さん。友達からのリクエスト曲を教室のオルガンで再現するなど、子どもたちや保護者の間で注目される存在だったという。

 久保薗さんは三ツ境小の地域コーディネーターを務めており、林さんの大学卒業コンサートに感銘を受けて三ツ境小での特別授業を約6年前に企画。授業は2〜3年続き、児童が聴き入る様子に大人たちのなかで「この体験を多くの人に届けたい」と地元コンサート開催の機運が高まった。

 コロナ禍で企画は中断していたが、昨秋に同大学で行われたソロリサイタルをきっかけに再燃。林さんと関わりのあった学校教諭や三ツ境小でボランティアに取り組む人など10人によってファンクラブが結成された。5月にコンサートを開くことが決まり、メンバーらは様々な団体のサポートを受けて協力者の募集やチラシの作成、チケット販売に取り組んできた。

小学生や高校生との共演も

 コンサートは久保薗さんが代表を務める「街のつどいの広場ほっとカフェ」の主催。共催にファンクラブなど。当日は2部制で、第1部では「エリーゼのために」や「トルコ行進曲」の聴きどころなどを、林さんがレクチャーする。第2部は、特別授業を受けたことのある高校生や音楽教室に通う小学生との連弾、「鐘」や「ラ・ヴァルス」などの独奏が予定されている。

 午後5時30分開演(30分前開場)。チケット(全席自由/当日券あり)は一般1500円、中高生1000円、3歳〜小学生500円。キッズエリアあり。予約はファンクラブ【携帯電話】070・8393・6534(午前10時〜午後6時)、または【メール】funclub0527@gmail.comへ。

 「まっすぐな人柄が力強い演奏に表れている」と林さんの魅力を語るファンクラブの吉田正枝さん。久保薗さんは「繊細かつダイナミック。三ツ境が生んだ若いアーティストをぜひ多くの人に応援してもらえれば」と期待を寄せる。初の地元コンサートに臨む林さんは「沢山の方々に支えられ、準備を進めることができました。精一杯の感謝を込めて、音の贈り物を未来に繋げられるよう、心を込めて演奏します」とコメントした。

ファンクラブの久保薗さん(左)と吉田さん
ファンクラブの久保薗さん(左)と吉田さん

瀬谷区版のトップニュース最新6

10代堅調、20代で急落

選挙投票率

10代堅調、20代で急落 政治

市、若年層啓発に注力

6月23日号

3年ぶりに開催へ

瀬谷フェス

3年ぶりに開催へ 社会

ピクニックエリアを新設

6月23日号

環境アセスで説明会

国際園芸博覧会

環境アセスで説明会 社会

渋滞など懸念する声も

6月16日号

国交省から表彰

瀬谷駅南口第1地区再開発

国交省から表彰 社会

街づくりの功績で

6月16日号

ごみ拾いとゲームで競技

ごみ拾いとゲームで競技 スポーツ

瀬谷西高で21日に大会

6月9日号

網代さんが会長就任

市町内会連合会

網代さんが会長就任 社会

若者世代との交流図る

6月9日号

参院選神奈川立候補予定者アンケ

神奈川県選挙区の立候補予定者にアンケートを実施。回答を政治の村サイトで公開中

https://seijinomura.townnews.co.jp/election/2022/sangiin-q.html

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月10日0:00更新

  • 2月3日0:00更新

  • 1月20日0:00更新

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年6月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook