戸塚区版 掲載号:2014年4月24日号 エリアトップへ

戸塚区に活動拠点を置く横浜FCシーガルズでキャプテンを務める 田中 景子さん 鎌倉市在住 27歳

掲載号:2014年4月24日号

  • LINE
  • hatena

原点から再びめざす頂点

 ○…品濃町のグラウンドに活動拠点を移し、関東2部リーグで新たなスタートを切った横浜FCシーガルズ。初戦を8対0の大勝で飾ったが、「内容的に全然満足していません」。国内最高峰のなでしこリーグ昇格を見据えるキャプテンの目に、達成感はない。

 ○…いつも4つ年上の兄の背を追っていたせいか、「男の子と遊ぶ機会の方が多かった」という少女時代。毎日公園でボールを蹴り、小学4年生になると仲間に誘われて地元のサッカークラブに入った。周りは男子ばかりでも、すぐにつかんだレギュラーの座。「そのころから『日本代表に入る』というイメージをもってやっていた」。中学、高校でもシーガルズの前身であるクラブで活動を続け、短期大学在学中にはU-20(20歳以下)日本女子代表にも選出されるなど、順風満帆なサッカー人生を歩んだ。

 ○…社会人になって入団した福島県を本拠とする東京電力女子サッカー部「TEPCOマリーゼ」。練習環境は他クラブに比べて抜群で、午前中は原子力発電所で働き、午後はまるまる練習に費やすことができた。「引退後も社員として会社に残れる。これで安泰」。だが、東日本大震災で運命は一変。キャンプ中で宮崎県にいたため難は逃れたが、慣れ親しんだ地域は津波に飲まれ、クラブもまもなく解散。共に生きてきたサッカーをにわかに失った。

 ○…「脚立をもって電球交換もしています」。昨年移籍したシーガルズの運営法人の職員として、施設管理などあらゆる雑務をこなす日々。毎日決まったグラウンドで練習できるのは大きな喜びだが、シャワー設備がないなどかつての恵まれた環境に比べれば足りない部分も多い。それでも、「上を見ても下をみてもキリがないから。現状を受け入れていかないと」。サッカー人生の原点とも言えるクラブに戻り、改めてボールを蹴る喜びをかみしめながら、高みを目指して歩み始めている。

平成横浜病院

ヘルスケアセミナー5月18日(土)「排泄って大切!」参加無料・先着50名

https://yokohamahp.jp/

フォーラム映画上映会

横浜市戸塚区上倉田町435-1 045-862-5056

http://www.women.city.yokohama.jp/

<PR>

戸塚区版の人物風土記最新6

カチョ カルドーソさん

横浜スペイン語センターで語学講師を務め、ギタリストとして活躍する

カチョ カルドーソさん

上倉田町在勤 54歳

1月23日号

藤井 謙宗(けんそう)さん

(株)横浜スタジアムの代表取締役社長として今年、五輪会場の管理運営を担う

藤井 謙宗(けんそう)さん

53歳

1月16日号

田渡 凌さん

男子プロバスケ「横浜ビー・コルセアーズ」のキャプテンを務める

田渡 凌さん

横浜市在住 26歳

1月1日号

TATSUYAさん(本名:和田辰也さん)

10周年を迎えた(一社)日本ヒューマンビートボックス協会の代表理事を務める

TATSUYAさん(本名:和田辰也さん)

横浜市在住 34歳

12月19日号

山田 環さん

区内を中心に活動する「お絵描き工房 光」の代表を務める

山田 環さん

汲沢在住 56歳

12月12日号

中山 紀子さん

バドミントン選手として1972年のミュンヘン五輪金メダルなどで功績を残した

中山 紀子さん

汲沢町在住 76歳

12月5日号

掛川 隆さん

10月14日の「鉄道の日」に鉄道関係功労者として国土交通大臣表彰を受けた

掛川 隆さん

前田町在住 67歳

11月28日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 4月25日0:00更新

  • 4月26日0:00更新

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

戸塚区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年1月23日号

お問い合わせ

外部リンク