戸塚区版 掲載号:2015年4月16日号 エリアトップへ

戸塚区市議選・県議選 鈴木・松田両氏がトップ 市議は自民2に

政治

掲載号:2015年4月16日号

  • LINE
  • hatena
健闘をたたえ合う鈴木氏(左)と松田氏
健闘をたたえ合う鈴木氏(左)と松田氏

 第18回統一地方選挙の横浜市議・神奈川県議選挙が4月12日投開票で行われ、戸塚区では市議6氏、県議3氏が決定した。トップ当選はそれぞれ自民党の鈴木太郎氏(48歳/4期)・松田良昭氏(62歳/8期)。

市議選

 定数6に9人が立候補した市議選で、鈴木氏は2万618票を獲得した。現職では共産党の岩崎広氏(68歳/3期)、公明党の中島光徳氏(45歳/2期)、民主党の坂本勝司氏(47歳/2期)が、新人では自民党の伏見幸枝氏(47歳/1期)、維新の党の山浦英太氏(41歳/1期)が当選した。市議を7期務めた民主党の川辺芳男氏(60歳)は次点となった。

 前回に続きトップ当選を果たした鈴木氏は「3期12年の実績を評価していただいた」と選挙戦を振り返り、「チャンスを創る政治を進めるため、一つ一つの政策を前に進めたい」と抱負を語った。また、低調は投票率には「ちょっと残念な感じ。投票先がないのか。議会・政治の魅力を高めていかなければ」と気を引き締めていた。

 戸塚区の投票率は42・82%で前回選挙から4・33ポイント下がった。横浜市計は42・0%で、前回より4・73ポイント下がった。

県議選

 定数3に5人が立候補した県議選では3万5230票を獲得した松田良昭氏(62歳/8期)、民主党の曽我部久美子氏(60歳/3期)が当選したほか、わが町から立候補した元職、北井宏昭氏(48歳/3期)が返り咲いた。共産党の新人、辻村久江氏(68歳)は134票差で次点。

 前回選挙から票を伸ばしトップ当選を果たした松田氏は「神奈川の過去の歴史を守り、未来を担うことが私の使命。ポテンシャルの高い神奈川県の良いものをくみ上げていきたい」と8期目への決意を表し、当面の取組みに、柏尾川の治水等の減災対策や青少年問題をあげた。前回より低下した投票率については「選挙制度の問題として考えないといけない」と話した。

 区の投票率は前回から4・44ポイント低い42・72%。神奈川県計は前回より3・88ポイント下がり41・81%となった。

平成横浜病院

ヘルスケアセミナー5月18日(土)「排泄って大切!」参加無料・先着50名

https://yokohamahp.jp/

フォーラム映画上映会

横浜市戸塚区上倉田町435-1 045-862-5056

http://www.women.city.yokohama.jp/

<PR>

戸塚区版のトップニュース最新6

自宅でも音楽療法を

名瀬町社会福祉法人

自宅でも音楽療法を 文化

プロ歌手による動画配信

7月2日号

喫煙所出入口に遮断幕

戸塚駅東口

喫煙所出入口に遮断幕 社会

市内初の煙流出対策

7月2日号

音楽家に発信の場 提供

さくらプラザエフエム戸塚

音楽家に発信の場 提供 文化

「コロナ禍でも芸術届ける」

6月25日号

「定着化」に力点置く

東戸塚の障害者就労支援事業所

「定着化」に力点置く 社会

離職率の高さ危惧

6月25日号

感染防止のため中止

八坂神社お札まき

感染防止のため中止 文化

「とつか夏まつり」も

6月18日号

児童虐待、潜在化を危惧

横浜市

児童虐待、潜在化を危惧 社会

休校などで相談数「微減」

6月18日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月23日0:00更新

  • 2月13日0:00更新

  • 2月6日0:00更新

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

戸塚区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年7月2日号

お問い合わせ

外部リンク