戸塚区版 掲載号:2015年4月16日号 エリアトップへ

戸塚区市議選・県議選 鈴木・松田両氏がトップ 市議は自民2に

政治

掲載号:2015年4月16日号

  • LINE
  • hatena
健闘をたたえ合う鈴木氏(左)と松田氏
健闘をたたえ合う鈴木氏(左)と松田氏

 第18回統一地方選挙の横浜市議・神奈川県議選挙が4月12日投開票で行われ、戸塚区では市議6氏、県議3氏が決定した。トップ当選はそれぞれ自民党の鈴木太郎氏(48歳/4期)・松田良昭氏(62歳/8期)。

市議選

 定数6に9人が立候補した市議選で、鈴木氏は2万618票を獲得した。現職では共産党の岩崎広氏(68歳/3期)、公明党の中島光徳氏(45歳/2期)、民主党の坂本勝司氏(47歳/2期)が、新人では自民党の伏見幸枝氏(47歳/1期)、維新の党の山浦英太氏(41歳/1期)が当選した。市議を7期務めた民主党の川辺芳男氏(60歳)は次点となった。

 前回に続きトップ当選を果たした鈴木氏は「3期12年の実績を評価していただいた」と選挙戦を振り返り、「チャンスを創る政治を進めるため、一つ一つの政策を前に進めたい」と抱負を語った。また、低調は投票率には「ちょっと残念な感じ。投票先がないのか。議会・政治の魅力を高めていかなければ」と気を引き締めていた。

 戸塚区の投票率は42・82%で前回選挙から4・33ポイント下がった。横浜市計は42・0%で、前回より4・73ポイント下がった。

県議選

 定数3に5人が立候補した県議選では3万5230票を獲得した松田良昭氏(62歳/8期)、民主党の曽我部久美子氏(60歳/3期)が当選したほか、わが町から立候補した元職、北井宏昭氏(48歳/3期)が返り咲いた。共産党の新人、辻村久江氏(68歳)は134票差で次点。

 前回選挙から票を伸ばしトップ当選を果たした松田氏は「神奈川の過去の歴史を守り、未来を担うことが私の使命。ポテンシャルの高い神奈川県の良いものをくみ上げていきたい」と8期目への決意を表し、当面の取組みに、柏尾川の治水等の減災対策や青少年問題をあげた。前回より低下した投票率については「選挙制度の問題として考えないといけない」と話した。

 区の投票率は前回から4・44ポイント低い42・72%。神奈川県計は前回より3・88ポイント下がり41・81%となった。

平成横浜病院

ヘルスケアセミナー5月18日(土)「排泄って大切!」参加無料・先着50名

https://yokohamahp.jp/

フォーラム映画上映会

横浜市戸塚区上倉田町435-1 045-862-5056

http://www.women.city.yokohama.jp/

<PR>

戸塚区版のトップニュース最新6

内水氾濫に備え、下水強化

横浜市

内水氾濫に備え、下水強化 社会

多面的に対策推進

11月14日号

脳梗塞経て「再び合気道を」

戸塚町在住吉田さん

脳梗塞経て「再び合気道を」 スポーツ

周囲の後押しで稽古励む

11月14日号

夢実現させた思い語る

ミステリー作家 倉井さん

夢実現させた思い語る 文化

9日 区庁舎で講演会

11月7日号

食品ロス削減に一手

戸塚 モディ

食品ロス削減に一手 経済

家庭の未使用品集め寄贈

11月7日号

小石さん(平戸町在住)の支援 表明

地元企業

小石さん(平戸町在住)の支援 表明 社会

パラ五輪出場を後押し

10月31日号

木原ゆり子氏が横浜文化賞

市立大舞岡木原記念室

木原ゆり子氏が横浜文化賞 文化

父・均氏の研究功績伝える

10月31日号

区内各所に爪痕残す

台風19号

区内各所に爪痕残す 社会

区、「事前の備え」呼びかけ

10月24日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月25日0:00更新

  • 4月26日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

ウクレレライブ

ウクレレライブ

11月24日

11月24日~11月24日

戸塚区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

戸塚区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年11月14日号

お問い合わせ

外部リンク