戸塚区版 掲載号:2017年7月27日号 エリアトップへ

県政報告㊴ 豪雨対策、治水は最重要課題 神奈川県議会議員 北井宏昭

掲載号:2017年7月27日号

  • LINE
  • hatena

 九州北部豪雨による甚大な被害を見ても、区内を流れる境川・柏尾川水系の治水対策は、最重要課題です。

 過去幾度も氾濫を繰り返した柏尾川の治水対策は、貯水量18万トンの金井遊水地がH2年に完成。またH3年度に都市型水害の増加に対応するため、県は都市河川重点整備計画を策定、対策を進めてきました。そして一旦、柏尾川の水害は収まったかに思われました。

 しかし、H15年以降の豪雨では、戸塚区内の多くの世帯で床上・床下浸水という大きな被害が発生。私はそれを受け、初当選のH15年の本会議の場で同計画が目標とした時間雨量50ミリ対策では対応が出来ない、と指摘。「安全基準の見直し」を求めました。当時の松沢知事は河川改修などを要するため、長期的な視点が必要としたものの、治水対策の目標を高め、整備を図ると答弁。さらに私はH19年度の建設常任委員会でも再度この問題を取り上げ、柏尾川の治水整備を継続して求めてきました。

新たな遊水地に着手

 県は現在、1時間60ミリの降雨量に対応可能な新たな遊水地整備に着手。今年7月3日、私は建設企業常任委員会の場で三たび、この問題を取り上げました。今回は、その新遊水地計画の進捗状況について。

 その背景にあるのは、H26年の台風18号で、柏尾川沿いの約1万5千世帯に避難勧告が発令され、近隣住民からは河川整備を望む声が多くあがっていることと、近年さらに頻発するゲリラ豪雨を恐れてのこと。

 新遊水地計画は、金井公園の柏尾川下流側・約8ヘクタールの区域。県は用地取得後早々に工事に着手する方針です。 

 このように、治水対策には多くの歳月を要します。今後も境川・柏尾川の治水対策の進捗状況を見守り、強化に取り組んで参ります。

北井宏昭

横浜市戸塚区戸塚町3870-1

TEL:045-871-5454
FAX:045-871-5459

http://www.kitai-hiroaki.jp

平成横浜病院

ヘルスケアセミナー5月18日(土)「排泄って大切!」参加無料・先着50名

https://yokohamahp.jp/

フォーラム映画上映会

横浜市戸塚区上倉田町435-1 045-862-5056

http://www.women.city.yokohama.jp/

<PR>

戸塚区版の意見広告・議会報告最新6

台風の被災者に寄り添う支援を

元ワーキングママがゆく 31

台風の被災者に寄り添う支援を

横浜市会議員 伏見ゆきえ

11月7日号

財政論無き超高齢社会対策は無策

県政報告 69

財政論無き超高齢社会対策は無策

神奈川県議会議員 北井宏昭

10月31日号

戸塚駅の鳥フン被害改善へ!

皆様の声をカタチに! 市政報告

戸塚駅の鳥フン被害改善へ!

横浜市会議員 中島みつのり

10月10日号

親への支援が児童虐待 防ぐ

県政報告 68

親への支援が児童虐待 防ぐ

神奈川県議会議員 北井宏昭

10月10日号

養育環境が誘引する依存症

県政報告 67

養育環境が誘引する依存症

神奈川県議会議員 北井宏昭

10月3日号

寛容で多様性認める社会へ!

皆様の声をカタチに! 市政報告

寛容で多様性認める社会へ!

横浜市会議員 中島みつのり

9月19日号

大学生が「新しい働き方」を視察

横浜市会報告

大学生が「新しい働き方」を視察

横浜市会議員 鈴木太郎

9月12日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月25日0:00更新

  • 4月26日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

戸塚区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年11月7日号

お問い合わせ

外部リンク